2017'07.24 (Mon)

良かったこと

あのハラスメントを受けて良かったこと
・「嫌だ、やりたくない。」という主張が、生まれて初めて通る
→母から殴られることすら、「嫌だ」といっても通らない、結局母のサンドバッグ役を担わされるこの家で、生まれて初めて「もうこんな仕事やりたくない。」という主張が通る。
地元で働いても何らかの形で圧力をかけてくる可能性が十分に考えられ、人のことを道具程度にしか考えてない午未さんらなら、また大学並のひどい目にあう可能性も十分に考えられたからだ。
考えただけで、目の前が真っ暗になった。
大学入学してから、
鬱になったり、
それもあって幽霊部員みたいになったり、
それで先輩にめちゃくちゃ目の敵にされて、
この部活のOBが集まる科に行くのがすごく怖かったりして。
鬱になったことで対人関係も結構壊れたし。
でもまあ頑張ったら、
少しは自分で積み重ねて、
自分なりに居場所を作れると思ってたんですよ。
でも、2010年になって、
本当にいろいろあって。
「もうそもそもこの業界に、最初から自分の居場所なんてなかったんじゃないか。」って思えて仕方なくなって。
私の対応に非がなかった、
なんてことは全くないけれど、
けれど、努力して来なかった訳じゃないのに、
全部、私の努力と関係無いところで人生が壊れてく。
「うちは精神疾患の既往がある人間は雇わないから。」
堂々と言ってくる同業者がいる。
もちろん、バイトも雇わない。
すごく、差別的な陰口もよく聞く。
じゃあ、鬱になったのは私のせいなのか?
どうして、こんな不利なことが知れ渡らなくてはならなかったんだろう。
失ったものが、あまりにも大きすぎると感じた。
未来が何も思い描けない。

その後、
ストレスで吐き気とかしだして(普通に、好きなミルクティーとか飲んでるときに、「うぇ」っと)、
小さな会計の資格とった合格の日に、
吐き気が止まった。
父が本格的に別の道を行かせることを考え始めたのは、
たぶんこの頃ぐらいからだろう。
「別の業界で生きていけるかも。」っていう気持ちで、たぶん止まったんだろう。
スポンサーサイト
15:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

できたことと、できなかったこと

どうすることもできなかったこと2011年
・医療機関を受診する上で、事実上、守秘義務が完全に崩壊してしまった中、受診しなくてはいけなかったこと
・私の受診内容と午未さんらの嘘から、
住民が勝手にあれこれ推測し、私に評価を下すこと
・私をからかおうという人間を完全に避けられなかったこと
・好ましくない人物にまで、私のセンシティブな医療情報が伝わってしまう状況
・自分の感じている苦痛を、医療機関にもまともにとりあってもらえない状況
・医師やセラピストが私の苦痛軽減よりも、自己保身に走る状況
・主治医に頭下げられたけど、10年以上続いたケアを、中断せざるを得ない状況に追い込まれたこと(いろんな意味でメンテナンスどころの騒ぎじゃなく、無茶苦茶)




できると思えた改善策
・ここを離れる
→留学を希望するものの、断られる。
乙丑さんらの関与を強く疑った私は、
独学で日本企業を介さずに行こうと画策を。
時間がめちゃくちゃかかってすごいことに。
とりあえず、「留学仲介業者の守秘義務は完全に守られる」という言葉は決して信じなくなりました。
そんなことはない。
そして、「言った。言わない。」の問題に発展するような案件だったので(私の場合は)、
ICレコーダーの大切さを、痛感するようになりました。
12:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

どんな噂だったかを検証してみる

事実とは違う噂が流れていたらしい。
その頃の反応を列挙してみると、

大学のあった都市部
・自転車にイタズラで穴を空けられる頻度と、
穴の数が増えた
・若い男性にやたら怖がられ、避けられた

その後、越した地方都市
・その家では20年近くなかったのだが、
自転車のタイヤを、
横から釘か何かでパンクさせられることが、
数ヶ月おきくらいの頻度で起こる
・小学生、若い男性等から、指を指されて笑われることが、結構あった
・年配の女性(60歳以上)から、軽蔑か嫌悪とも取れる対応を受けた
・近所の大学生を始め、やはり好奇の視線の的に
・年配の女性(60歳以上)に、「結婚したい」というと、無理だと思うのか決して話題にのってもら得なかった。
→2年前ぐらいから、「結婚したら」とかいわれだす。少なくとも3年前は「結婚無理」と思うような噂が流れていたようだ。
・顔を覗かれて「はっ」と笑われることはほぼ外出の度にあった。
・試験で隣の件まで行ったときは、
女性からのぞきこまれ、「私の方が美人だわ」と言わんばかりに、意気揚々とされたことがある
・夜間に、スマホのカメラを向けられた状態で、後ろから複数の男性についてこられたことがある
・「写メ撮られたんじゃないか」って瞬間が何回か

海外(北米、ヨーロッパ)
・観光客のせいもあったのか、
差別は受けず。
その代わり、男性陣から顔のぞきこまれることは多々あり。
やはし、失望が顔に浮かんでますた。
・女性からやっぱり品定めされた。
・s国では、「海外ロケ中の芸能人ってこんな感じなのかも」っていう気持ちを味わった。このとき、もしかしたら写メ撮られたかも。

以上のことから、
やはり「美人である」という噂はたっていたのかな?
だとしたら、
午未さんがとっとと私を処分(結婚という名の処分)するために流したデマですわ。
後は、都市部や欧米ではさして問題視されない、
でも、地方では年配の女性から軽蔑され、
子供や男性陣からからかいの対象になる程度には
馬鹿げた、性風紀を乱すようなことをした、という噂が流れたのかな?

だとしたら、何故に皆このことに対して口を閉ざすのか。
午未さんは私に噂を知らせないために(つまり自分の嘘がばれないために)
何かひとつ、さらに何かやったとしか思えないんだが。

とにかく、得体が知れなくて気持ち悪くて。

あと、人目が気になる点について
C国にて、
ようやく「人目が気になる」点についてセラピーで「相談していい」と言われる。
こんな手順を必要とすること自体、
すでに異常なんだろうけど。

その人とは、大阪でセラピーを受ける予定だった。
「やっとこの件について相談できる。」と心底安堵して帰国したものの、
C国の業者と連絡がとれなくなる。
確か、C国で受けられなかったセラピーの分も料金を大阪に回すって話だったんだが。
C国の業者は、全て全く応答なしになってしまった。

やっぱり乙丑さんたちが何かしたのかな。
午未さんはあまり交渉上手じゃないから、
あのコンビでは乙丑さんが交渉を持ちかけたんじゃないかな(上手いし)。
09:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

減ってはいる。

9対1か、95対5か、
やはり好奇心や面白がっているのは、いる。
この1が0になることは、まずないと思う。
そういう人もいるのだ。
もちろん、数年前に比べたらずいぶん違う。
小学生や若い男性に指を指されて笑われることはなくなったし、
定期的に自転車が釘か何かでパンクさせられていることもなくなった。
それは有難いんだけど、
やっぱり精神的に消耗する。

以前、「妄想かも知れませんね。」など、
言われたことを含めて、
投薬が提案されたことも、何度かある。
このような状態になった原因に関しては、
話すことも含め、全くアプローチできないため、
投薬という対症療法しかないと言うことだと思う。

けれど、拒否。
私の投薬内容はすべて筒抜けになっているので、
それに伴う差別が怖かったし、
原因の方にアプローチしなければ、
下手をすればずっと薬と縁が切れなくなり、
それこそ仕事どころではなくなる。
そして何より、
私が投薬治療を受ければ午未さんらが喜んでその状況を利用するだろう。
自分らの都合のいいように。

そんな訳で、
(ここではまず無理だろうけど)
どうも事実と違う噂が流れているみたいだから、
噂が風化するのをずっと待っているんだが、
風化する気配すらない。
何か新しい事件でも起きてるんだろうか。
今は午未さんの天中殺だから、
秘密がばれているのかな?
でも、だとしたら、
あと3年は騒がしいかも。
来年から2年間は乙丑さんの天中殺だし。
戌亥天中殺は来年の半ばから本格的に現象が出てくるらしい。
特に戌年は未、戌、丑で庫気刑、官僚との争い。
あー、ありそう。
回ってくるのは財の星
猪瀬知事は財の星が回る天中殺で、
収賄が明らかになったんだっけ。
お金がらみの天中殺現象。

なんて、占い頼みなろーたすです。
でも、医療機関での自分の話が
その都度町中の噂になったら、
怖くて病院なんて行けなくなるよ。
そして無いことにされるのは、
本当に傷つくね。
けれど、それでも、この現象がなくならない。
特にここは同じ噂が30年以上続くしね。
それが現実。
08:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.18 (Tue)

カルテが要る

長男の最近の動向で不安になっているのは、
長男は「私に母の世話を押し付ける気マンマンなんじゃないか。」ということ。
先日の、まるで私のせいで養子にいくかのような文面をみても、
「その可能性は非常に高い」
と不安を募らせている。
いざ、私のキャパを超えた負担がかかったとき、
彼は頼りになるだろうか?
まずならないだろう。
先日の文面をみても、
24歳のときのことを考えても、
27,8のときに
「頭おかしいから、死んでよ。」
って言われたことを考えても、
恥と感じられこそすれ、
思いやられることは、まずないだろう。

そんな訳で、
最終的に
「自分のメンタルは自分で守らなくては」
ということになる。
家庭裁判所に
虐待の証拠を提出できるようにしておいて、
いざというときには
手続きできるようにしておく。

父は自分が母の世話を
何もかもする覚悟みたいだけど、
先のことは何も分からない。

そのためには、証拠のひとつとして、
長年お世話になった主治医とのカルテが必要だ。
以前、電話で確認したとき、
「ずっと廃棄せずにとっています。」
とのことだったけど、今でもあるんだろうか。
「確認した方がいい。」
とも言われたし、近々確認しないとな。

ここで、
もうひとつ心配事が浮上してしまう。
午未さんと乙丑さんだ。
「もしも彼らが、カルテをいじっていたらどうしよう。」
という怖さにかられるのだ。
ああ、どうして
最後の拠り所になるはずのところに
あんなことをされなくちゃならなかったんだ。
11:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT