2017'06.28 (Wed)

院に入ったいきさつ

高熱が続き、人生初めての入院をしたろーたす。
そこで医師から、
「ベーチェット病の疑いがある。」と言われました。
そこで予防のために
「過労とストレスを避けてください。」と言われました。
ちょうど仕事の免許を取得したときだったのだけど、
この言葉で再び目の前が真っ暗に。
やっとなんとか大学を出て資格を取ったのに。
万が一、失明なんてしてしまったら、
免許そのものが失効になってしまう。
しかも、この仕事には労働基準法が適用されない。
一応、指導する立場の人に聞いてみたけれど、案の定、
「過労とストレスを避けられるところというものは、ありません。」
と返事された。
パートタイムで働くにも、
新人は実家から通わないと生活できない。
両親と同居しながら働くなんて、
鬱を再発させるようなものだ。
そこで、「研究者だったら、もうちょっとゆっくり働けるかも知れない。少なくとも経過観察期間(2~3年)は身体への負担をコントロールできる。」という理由で、院への進学を決めた。

ここでやはり、親は無理解を発揮。
入院時には娘の服をほしがり、
高額医療給付金は使い込んだことに加え、
今度は入院したにもかかわらず、
娘の「医師からこういう説明を受けたから、大学院に行くことにした。」という説明を、一切信じない。

そんなわけで、親からの支援はあてにできるはずもないから、
院へは奨学金を受けて通い、
授業料等はバイト代と奨学金をやりくりして支払っていた。

「無意味な実験をさせられている。」とは夢にも思わず。
「何とか自活できるようになって、あの親から離れたい。」
その事しか考えてなかった。

院生時代に出た経過観察の結果は
「治癒。あのとき発症しただけでしょう。もう心配ないですよ。」。
この点だけはよかったんだけど。

院生のとき、
「まだあんたは子どもを産んでないのか。」
と酔っぱらって電話してきた母。
娘が子どものときは、
「結婚は地獄だから、一生結婚するな。」っていつもいつも言っていたくせに。
「大学院なんて、下らないところにいって」
「月5万仕送りしなさい」
等々。
子供に結婚してほしいんなら、
子供がお洒落することを
「贅沢」と文句を言ってくるのもおかしいよね。
結局は、私の人生なんてどうでもよくて、
ただ金を稼がないのが気に入らないんだよね。

「進路選択もこんな人間の言うことを聞かなくちゃいけなかったから、こんな展開になったんじゃないか。やはり縁を切って自分で人生を選べるようになりたい。」
と思ったのを覚えている。

ちなみに、高校時代、
「よその学部をいきたい」と言ったときの母の返事は
「他のところに行くんなら、大学に行かせてあげない。」でした。
こういった母の一言一言に萎縮して、
母の言いなりになってしまったことは、
一生の後悔です。

いくら言うことを聞いても、
「死ね。」は言われるし、
結局安心して家で過ごせることは、ありませんでした。
スポンサーサイト
08:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'06.28 (Wed)

返済額の大きさに絶句

金銭の計算を始めると、
やはり、その返済負担の大きさに驚く。
奨学金。
学部生時代のものに加えて、
院生時代のものが月々約25,000円、
合わせて返済すると、
相当キツいね。
学部生時代のはともかく、
院生時代のは、
マジで午未さんに支払ってもらいたいよ。
「とんでもない教員に当たると、
すごい借金を背負うことになるよ。」というお話。
奨学金に関しても世代間ギャップを感じたよ。
乙丑さんは、
「(日本学生支援機構から)電話がかかってきても、出ないようにすればいいんだよ。」
とか言ってくるし。
今そんなことしたら、法的措置をとられるよ。
事実上、踏み倒せる世代だった人たちはいーなーって思ってしまう。
月13万仕送りもらってた人でも、
返済しない人はしないんだよね、たぶん。
日本学生支援機構は過去に返済しなかった人たちを
さかのぼって徴収すればいいのに。
07:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'06.26 (Mon)

プール底の…

映画『卒業』の、
プール底に沈んだ、ダスティン・ホフマン。
「『彼の気持ちがわかる』と思った人は、
多分、うつ病かアパシーだろう。」って私は思う。
その映画を観たときの私は、
彼の気持ちがわかるように感じたのだ。

高校時代、私は自分のことを
「湖の底にいる」「海の底にいる」とか
そういった詩とも何とも言えないものを書いていた記憶がある。
何か常に、
深いところに沈んでいるような、
そんな気持ちを抱えていたのだ。
この映画を観て、
あのダスティン・ホフマンの気持ちがわかる気がしたとき、
「ああ、こんな気持ちになるのは、私だけじゃないんだ。」とホッとしたのを覚えている。
当時、理解者がいなくて私はかなり孤独だったのだ。

私がいつ、水底を出て、
息ができるようになったかは、
はっきりとは覚えていない。

でも、
「母との対立と決別なしに、できるようにはならなかった」ということはわかる。

いっつも窒息しそうだった。
母には、何も本音が言えなかった。
そして、どれだけ「嫌だ。」と言っても、
私の言葉は、いつも空気のように無視された。

母のことを「嫌い」というのも勇気が要った。
母と対立することは、
この家ではそれだけで制裁に値する。

実家に寄り付かなくなるのは、
もっと勇気が要った。
そのときは連日のように、「実家に帰って来なければ、仕送りを止める。」
といった電話が、かかって来た。
母は、「あなたが帰って来なかったことで、私がどんな気持ちになったと思っているの?」と言っていた。
「ひどいことを言ってごめんなさい。」とは言わなかった。
「死ね」と娘に言ってくることすら、
母にとっては「不幸な自分には仕方がないこと」で、
「娘が許すべきこと」なのだ。
小さい頃、
母にからかわれて傷ついて怒ったときも、
「それぐらいで怒るなんて、大袈裟な子やね。」と必ず言ってくる。
母は決して、私の感じ方を認めない。

実家に寄り付かなくなったのは、
ドクターストップがあったのと、
母の暴言に「身が持たない」と心底感じたせいもある。
あのときの私は、本当に命懸けだった。
「仕送りを止められたら、ホームレスになろう。」決心していた。
母の脅しが口だけではないことは、
私は身をもって知っていた。

家族からの説得を降りきるのは大変だった。
仕送りを止められなかったのは、
単に親の虚栄心を満たすようなところにいっていたからだと、私は思う。
「知は力」である。

このとき、
「本当に民主主義って、命懸けにならないと手に入らないんだな。」と
しみじみ思ったことを覚えている。

かくして私は、
まるで私の首根っこをおさえつけ、
窒息させる独裁者から、
自由を勝ち取ったような気持ちになっていた。

それにしても、
母の気持ちはまったくわからない。
あれほどひどい暴言を言っても、
「嫌われて当然。」とは思わない。
それどころか手元に置きたがる。
一体何のために手元に置きたいのか。
「自分をどこまでも受け入れる存在」にしたかったのか。

いずれにしても、
母の期待には答えられない。
母親の期待を裏切る道を選んだ24歳の私は、
プールの底から這い出して、
今自分で息をしている。

ああそうか、
きっと24歳だったんだな。
私が自分で息をし始めたのは。
きっとこの「支配からの『卒業』」が
必要だったんだ(*^^*)。
09:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'06.24 (Sat)

言われる自信があったのさ

某4人の男の子が、
死体を探しに行くお話。
その主役の男の子が(夢の中で)父親に言われるセリフ、
『お前が死ねば良かった。』
あのセリフについて、
「私、長男が何かあって死んだら、あれを言われる自信があるわ。」
と父にいったら、
父も「言うだろうな。」とうっかり同意したことがあった。
まあ、長男がピンピンしてるときから既に
「死ね死ね」言ってくるような母親なら、
十中八九言ってくるわな。

そんな私は何か良い資格を取っても
絶対に母には教えないのさっ。
以前に何か、
私の資格を利用する気まんまんな電話がかかって来たしね。

ちなみに映画の題名は歌の名前だったけど、
このお話の原題は「The Body = 死体」です。
Bodyには、こんな意味もあるんだよ~。
それにしても、
「死体を見つけたら、ヒーローだ!」って死体を探しに行く展開なんて、
ヒーロー文化の国じゃないとないよね。
他の国だったら、
せいぜい肝試しに探しに行くふうにしか描けない気がするよ。
そして少年たちの成長に…って描けない気が(泣)。
そもそも肝試しのために旅するなんてないしねっ。
みんな大体、車で行きますしねっ。
あんまり骨を折らないから、
成長とかそんなこと、
何にもないお話になりそうなんですけどっ(泣)。
とりあえず、肝試しで人間的な成長は…ないなっ。
21:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'06.22 (Thu)

「『騙しとった。』なんて心外よっっっ!」

母と会話したときの話。
母と長男との関係悪化について、私が
「母さんが長男から金を騙しとったりするから悪化したんだよ。」
と指摘したら、
母、「騙しとったなんて、そんなことしてないわよ。
ただ子どもにお小遣いを貰っただけ。」
私「でも、長男が『メールとかには使わないで』って言ったのに使ったでしょ?
嘘をついてお金貰ってるんだから、騙してるでしょ。」
母「とにかく…『騙しとった』なんて、心外よ。」
なんだかね~
昔っから常識が通じないところがあったけど、
ひどくなってない?
ぶっちゃけ、
他の兄弟は全く思いやらなくても、
長男にはもうちょっと思いやりを示すと思ってた。

(母の子どもは長男だけ。)
07:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT