2017'01.23 (Mon)

天・地・人

先日、面白いエピソードを見つけました。

「王」という漢字の由来についてのエピソードです。

「本当かな?」という疑いが完全になくなったわけではないんですが、

すべての漢字のルーツが完全に解明されているわけでもないだろうから、

いつか誰かに漢字解説として教えてみるのも面白いかもしれない(←脳内でそんな機会があると思っているらしい)。

とはいえ、どの言語話者にとっても、そんなに難しい漢字じゃないと思うけれど。

そのエピソードによると、

「王」の

一番上の「一」は天を

中央の「一」は人を

下の「一」は地を表すのだとか。

天・地・人の「三」つを「1」つにまとめるものが「王」となるんだそうだ。

おもしろーい!!!

そういえば、「三」って、

中国語でも日本語でも「サン」って読むよね。

インドでも「三」は大切な数字みたいだし、

アジアでは「三」はとても大切な数字なんだろうね。

でも、シャムロックとかもあるし、

西洋でも大切なのかもしれないけれどね。

昔の中国のルールでは皇帝は天の加護を受けているんだったよね。

「天が荒れるのは皇帝の不徳によるもの」とみなされていたみたい。

それはまるで、

「ハリケーンカトリーナの襲来は、オバマ大統領の不徳の至り」

というのと同じくらい、理不尽な気がするけど、

天災っていうのは、それだけ治世者の求心力を低下させるものなんですね(今も昔も)。

だから、「王」という「人の上に立つもの」には

「天の加護、人の心、地の理」が揃ってなくてはいけないんでしょうね(そしてこの「天の加護」には運も入るんでしょうね)。

なんてことを書きたくなって書いているろーたすです。
スポンサーサイト
16:27  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.22 (Tue)

なんとなくわかった気が・・・

2010年、

当時住んでいたところ付近の人たちから、

「△大学病院は上の人間が馬鹿なことをしているから、

○新聞の口コミでも□大学病院に抜かれているんだ。」とか聞いたことがある。

△大学病院から歩いて10分のところに住んでいながら、

わざわざ車で30分かけて□大学病院にいく人もいたな。

ろーたすの病院チョイスは実は、

院長の出身大学病院チェックに始まります。

そして、

△大学病院を避ける方向で行っているのですが(いろいろありまして,、行くの無理。)、

そうこうしているうちに、

この県にも□大学病院出身者がいることを知りました。

△大学病院出身者多いんだから、

□大学病院出身者いても不思議じゃないよね、たしかに。

せっかくだから、今度行くなら、

口コミ上位の

□大学病院出身者のいる病院に行ってみるのもいいかも、

なんて思っています(どんな感じなんだろう・・・)。

いつになるかはわかりませんが(笑)。

それにしても、

あのときの地元の人たちの優しさや援助は、

大学内部の権力闘争にうんざりした気持ちから来たものなのかも知れませんね。

非常に助かったことは言うまでもありませんが。

特に引っ越す際とかは・・・。

なんとなく、そう思い至った私です(笑)。
16:38  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'06.09 (Thu)

「ピー○は本当はお母さんだよね?」と思っている私がいます。

勝手ながら、某ドラマのピー○はあの男性のお母さんのことだと思っています。

タコっぽいところと、

地面に融合もできそうなところとかで、

なんか母親の投影っぽく感じている私がいます。

ピー○の特徴「恐怖で自我をなくして支配する。」

恐怖→暴力か何かの恐怖感をあおって支配する母。

自我をなくして支配する→子供の人格、自我の存在を認めない母親。

というような母親を持っていた疑惑が、私の中で勝手に沸いているのです。

小さい頃は、親って神様ぐらい絶対だから、

ちょっと怒られるだけで恐怖を感じずには居られません。

ドラマではそんな説明はありませんでしたが、

ひそかにそれが裏設定だと思っている私がいます。

ーで、描いている人はたぶん、

母親のトラウマを再現しながら、

あのときのトラウマを乗り越えようとしているのではないかと。

いろんな人との交流の中で、この作品に深みが出ると楽しいですよね(読んでないけど)。

こののちに母親に会って、人生観変わったり、

もしくは人間関係の中でいろいろ殻を破る体験をして、

それがきっかけで彼はこのピー○を倒す武器を見つけるとか(武器ではないかもしれないけれど)、

そんなストーリー展開が思い浮かぶとかあったら楽しいですよね。

今はたぶん、ピー○を倒す手段はまだ分からないんじゃないかと思うんですよ(読んでないけど)。

という、イメージが膨らんでしまっている、私がいます。

私の中にある、勝手な裏設定です(笑)。
13:06  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.11 (Fri)

なんの占いにはまったのかが気になる

先日亡くなった。

故レーガン大統領夫人、ナンシー・レーガンさん。

享年94歳、

この方の死亡記事をみたところ、

占いにはまって夫の仕事の日程も変えさせたとか。

「なんの占いだったんだろう?」というのか、

今すごく気になっています。

彼女が占いに走ったきっかけは、

多分夫が暗殺されかかったときなんじゃないかな。

まさかあんな理由で大統領が暗殺されかけるなんてだれもわからないよね。

通り魔的な印象すら受ける事件でした。

そしてジョディ・フォスターはショックでしばらく銀幕から姿を消しました。

これで夫人は怖くなって占いに走ったのではないかな、と。

まあ、理解できない大事件にいきなり巻き込まれたら、神秘的なものにたよりたくなるよねえ。

その気持ちがなんとなくわかる気がする私です。

今日もそんな、想像を超えた出来事が起こった日。
11:44  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |