2015'12.03 (Thu)

ぜんっぜんちがった

語源調べてわかったこと。
meditationの語源。
meditation = 瞑想という意味なんだけど。
medi=治す、医療とかの意味で、身体によさげな感じ。
一方で「瞑想」は「目を瞑って(冥界を)想念する」って意味らしい(読んだ本によると)。
そんでもって目を瞑らなくても三昧状態か何かになれるようになったら、
どうも「瞑想」ではなくって「冥想」って書くらしい・・・。

っていう
すさまじくマニアックな知識。

だから、お坊さんは生きているのに、死者の戸籍を持ってるんだろうなあ、とか。
死んだ人のことを「仏さん」って呼ぶのは、こういう理由なのかもしれない、とかいろいろ考えたりします。

実はこういううんちくって好きなんです。
でも普段はこんなこと言いません。
だからこっそりここに投稿しちゃいます。

「瞑想」が欧米では医療目的で導入されたっていうのが垣間見えますねっ。

っていう、やってることは同じなのに、
文字が表わす意味は全く違うっていう文字を見つけた驚きと興奮を、
ここに記録。

びっくりしたんですよ!!!ほんまに!!!
スポンサーサイト
15:38  |  メモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |