2016'03.19 (Sat)

薬の血中濃度が低い時間帯を作る

うつ病で辛いのは薬の副作用の、眠気ですね。

同時に頭が働かなくなるので、

勉強しても内容が頭に入らなかったり、眠ってしまったりと、いろいろ支障がでてきます。

「こんなことで卒業できるんだろうか。」

と不安にさいなまれる人も多いのではないのでしょうか。

けれど、治るためにはお薬をやめるわけにはいきません。

なので、

「主治医と相談して薬の血中濃度の低い時間帯を作る」

というやり方はとてもお勧めだとおもいます。

やり方は、

基本的には毎食後のお薬の時間帯を、ずらすのです。

午後に精密な作業を要する実習がある場合は、昼食後のお薬を飲まずに、

その日は朝食後、夕食後、寝る前のパターンで3回飲む。

夜に勉強する時間を作るなら、

服薬のタイミングは、

朝食後、昼食後、寝る前、など。

ちょっとだけ服薬する時間をずらします。

私の場合、これでも結構頭がすっきりしたので、

お勧めです。
スポンサーサイト
11:51  |  うつ病れぽ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |