2016'03.23 (Wed)

ストレッサーから離れる

以下、投薬治療を受けていた時代の薬の量の変化(一日三回服用の一回量)

鬱発症年・・・4~5種類
翌年・・・・・・・4種類
3年目・・・・・・4種類
4年目・・・・・・4種類
5年目・・・・・・2種類
6年目・・・・・・1種類
7年目・・・・・・1日~1週間に1種類

5年目から急激に服薬量が減っています(^^)。

7年目はもうすでにメンテナンスに突入しており、

服薬の必要もほぼなくなり、徐々に薬をなくしていっていました。

5年目の減薬の最大の原因は、

母とほぼ絶縁したことです。

スクールカウンセラーから、

「あなたは実家に関わらなくなればなるほど、どんどん良くなっていますね。」

と言われましたが、まさに実家との関係をなくすことが回復のための条件でした。

ストレッサーからは早々に離れましょう。

とはいえ、母親との問題は難しいんですけどね。

私は鬱になってから、

家族から(特に弟)も差別を受けるようになってしまい、

もともと安息のなかった実家が、ますますいるのがつらい家になっていきました。

主治医からはよく

「あなたは誰も信じてないから。」とよく言われていました。

少なくとも実家の人間は、

誰も信用してなかったのかも知れません。

必死に助けを求めても助けてくれる人なんかいませんでしたから。

だからこの家を出て、実家の人間に全く干渉されないところで生きていきたいといつも思ってました。

実家を頼れない状況になるのは本当にいろんな面で不利なので、

可能な限り実家とのかかわりは保つのが望ましいのですが、

そして社会人になるまで親を頼るしかないのは仕方がないと思うんですが、

それでもできないことがどうしてもあって、

苦しんでいても全く理解してもらえないなら、

徐々に疎遠になっていくのも生き残っていくためには必要だと思います。

余談ですが、

うつ病を患いながらも、東京大学に合格し、薬剤師になっている人もいますね(→)。

この人はメランコリー型うつ病ではなくて、

どうもそう鬱が入っていたみたいなんですが。

自宅療養できてるところが、正直すごくうらやましかった(うちはほぼ無理でした)。

「人をえらんでカミングアウトするように。」って本でアドバイスしてたなあ、この人。

でもあんまり、心を開けそうな人にあまり出会えなかったな、学生時代。

まあ、それ以前に親とのいざこざで、人間不信になっていたのも大きいかな(心閉ざしていた感も)。

院のときも、

一部の人にしか話してなかったんだが、

なんだか会う人みんな知ってるとしか思えないようになって

初対面の年配の女性からは(嫌悪感からしてるのだろうか?)全く無視されたり、

鬱のせいか差別されているような行動をされたことがある。

正直、うつ病回復のためにしたことはいろいろ本で学んだことを応用したり、情報を収集しようがあったけど、

今、自分の身に起こっていることについては、

情報を得られない。

そのことが一番つらいことでもある。

どうして、

日本国内でバスや電車に乗った時、

私の乗った車両が葬儀場のように鼻をすする音でいっぱいになるのか(5年以上続いてる)、

どうして見ず知らずの人たちに顔をのぞきこまれるのか、

どうして自転車を釘でパンクさせられたりすることがおこるのか、

などなど

わからないことだらけだ。

ひとつだけ期待していることは、

乙丑さんも午未月さんも嘘つきだから、

ここ2年のうちに秘密が全部ばれて

ある程度これらのうち

理解できない気持ち悪い現象はなくなるかもしれない、ということかな。

身に覚えのないことが、多すぎる。

そして、なぜ私に真実が知らされないのか、

それも午未月さんの陰謀だったりしてwww。

たとえば、その出回っている情報の中に、

自分が裁判で訴えられたら圧倒的に不利になるネタが含まれているから、

もしくは、自身の嘘がばれないように(私に知られて訂正されて嘘がばれることを恐れているとか)

私に知らされないように仕向けているとか。

もしかしたら、

私の命を危険にさらしてそうしむけているのかもしれないな。

彼ならやりかねない。

彼のことだから、

その自身のアキレス腱とも言うべき嘘を、もっともらしい理由をつけて話しているのかもしれない。

一部真実を混ぜてもっともらしく思わせてーってまるで悪魔のような男だね(笑)。

なんちゃって(笑)。

当たってたら、なにか「ペリカン文書」みたいだ~。
スポンサーサイト
12:11  |  うつ病れぽ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |