2016'05.26 (Thu)

午未月さんと選民意識

私が午未月さんを理解するうえで、

そして私の身に起こった(午未月さんが起こした?)事件を理解する上で、

カギになる言葉は午未月さんの「選民意識」について考えてみるのは意義があると思う。

彼は自分が「優秀である」という「選民意識」のもと、

自分の力を過信してあまりよく知らないタイプの実験に手を出し、基本的な部分で躓く。

                      ↓

自分は優秀である、という「選民意識」のもと、

たぶん結構大それた隠ぺい工作に走り、

何か私の日常が大変なことになる。

おそらくは常軌を逸した隠ぺい工作だったのだろうが、

これもまた、「自分は優秀である」という自負のもと、

前例のない大胆な工作に出たんではないかと思う(←この独創性を研究の方に向けてくれ~)。

元FBI捜査官ロバート・K・レスラーは

「連続殺人犯の多くは、罪を犯していくうちに自分は捕まらないと思うようになり、一時的に警察を出し抜いたりすると、その思いはさらに強まるとしている。犯罪を犯して捕まることはないのだから、続けても良いのだという態度にさせるが、これは注意を怠り、逮捕される原因にもなる」

と言っていたみたいなんだけど、

この「自分は捕まらないのだから続けてもよいのだ」という感覚は、

どの種の犯罪でもあるのかもしれない、と思う。

午未月さんはもちろん、連続殺人者ではないけれど、

彼は自分が私にしたことを、「してもよいのだ」と考えていたように思っている。

私には、彼は自身が優れた存在であるので、それをやることを許された存在なのだ、とすら感じているように思えた。

法を超えることは権力を得たと実感するある種の醍醐味であり、快楽でもあったのかもしれない。

彼は工作したり画策したりするのが好きな人間でもあるし、

それがうまく機能している状況を見ることに喜びを抱くタイプでもあるのかもしれない。

さらに言えば、

彼の「選民意識」は彼のアイデンティティでは、相当重要な意味を持っていると思う。

だからこそ彼は乙丑さんのポストを継げない状況に耐えられずに今回の大事件(少なくともわたしにとっては)を起こした可能性があると思う。

もうちょっと付け加えると、

彼とよくよく話してみたらわかると思うけれど、

彼は共感性の乏しいところがある。

彼には二人の娘がいるが、

娘のいる父親とは到底思えないようなことをしている。

そして、彼は自分の娘と私の命が同等に扱われることも嫌がるだろう(以前、「俺の娘とお前を一緒にするな」的な態度をとられたことがあったからそう思える)。

彼の選民意識はそうやって他と(特に彼にとっては劣った生き物である鬱を発症したものと)

自分を切り離した思考回路を作り上げたのかもしれない。

患者さんに対してもそうなのかどうかは知らないけど。

けれど、今回の事件の大事な軸は、

彼のこの「選民意識」にあると思う。

という、私なりの考えです。
スポンサーサイト
12:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'05.17 (Tue)

大運法でみてみる

大運法では(とはいってもソフトだけど)、

乙丑さんは今年か来年から車騎星と天馳星の大運入るみたいだ。

体力も落ちそうだから、

彼に恐怖を感じる必要は、もうなくなりそう(ホッ)。

午未月さんは、

只今天中殺真っ最中。

身動きとれなさそうだし、もう気にしなくてもいい存在になりつつあるかも。

うれしいですね。

いろんな意味で恐ろしい人でしたから。

それにしても乙丑さん、

運の枠があってなおかつ運もいいし、

うらやましいくらいいい感じなんですが、

なぜ、午未月さん(忌神)を相棒に選んでしまったのか。

乙丑さんは守護神2つとも持っているから、

基本的に忌神といっしょにいるのは、あまり良くないと思いますが・・・。

前の前の、禄存星の大運、西方天剋地沖をうまく乗り越えられなかったのかな。

素人の推測だけど。

そういえは、故笹井副センター長も、三つの柱すべてが天剋地沖だったな。

運が荒れているときは、冷静な判断力がなくなるのかな~。わからんけど。
12:41  |  素人が独学でやる占い  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'05.17 (Tue)

なんというか

ノーベル賞を受賞したランディ・シェックマン教授、3大科学誌に対し不満の意を示す

これ読んで、

「やっぱりインパクトで選んでるんだ。」

とも思ったけど、

それ以上に印象に残ったのは

「多く引用される論文は科学的に優れている、もしくは目を引くもの、刺激的なもの、間違ったものだ」

というセリフ。

院に入るまでは、

研究は流行とかと無縁に黙々とやるもんだと思っていたけど、

そんなことはなく、

むしろ時流に乗ってなければ無価値のように扱われることもあることがわかったよ。

別に時流に乗らない研究する人の下についた方が、

(人間関係は)うまくいっていた可能性はあるな~、と今でも思う。

状況を完璧にコントロールしたがる午未月さんとの関係は、

なかなか苦しいものでもあった。

うん、それだけじゃないな。

彼は人を基本的に信じていない。

だから、状況をコントロールするために必ず力を使うし、権力に取りつかれているのか、使いたがる人でもある。

そして人を信じない気持に取りつかれているからなのか、

いかなる手段を使っても自分の不安を解消しようとしたのだろう(←状況をコントロールしていくために)。

彼の一番怖いところの一つは、

自分のことを、「頭がよい」と思っているから、

実験データも「自分の思い通りになるもの」と

思い込んでいたようだったことだ。

他所にもこういう人はいるんだろうか?

とにかく、

実際にデータが出ないのに、

それを受け入れてもらえない苦しみは、格別なものがありましたとも、ええ。

彼は自分のことを優秀だと思っていたから、

初期にデータがでなかったことも、すべて私のせいだと考えていたのかもしれない。

そして、「どうせ結婚していなくなる。」と独り決めして、適当に指導していったのかもしれない。

ーで、最後は焦って結婚させようとしたのかもしれないな。

データはデータで、

「科学的に優れている(と思われるために)、目を引くもの、刺激的なもの」を作ろうとして、

「間違ったもの」をつくってしまったんだろうな。

あのまま彼のもとにとどまっていたら、どんなことになっていたんだろうか?

こっち帰ってきてからも、なり大変だったけど、

あそこにいたら、相当な精神苦が待っていたことだけは間違いない(←彼は私を結婚させたがっていたんだけど、それで男性陣がビビってしまってね。まるで病原菌でも持っているみたいに、男性陣から避けられる日々も、すっごく辛かったんだよ。そしてその傾向が大学を離れてもときどきあって、私は「何らかの形で自分の置かれている状況もしくはあのときの事実を明らかにしなければ、私の人生はかえって来ないんじゃないか」と考え続けるようになったんだ。)

そしてそれらすべてがなかったことに処理されていったのだろう。

想像しただけでも怖い。

彼らの対面と、科学者としての評価を傷つけないためだけに、

あそこにいさせられたんだろう。

そして彼らの理屈では、

彼らの都合のいいようにならなかった私こそが悪なのだ。

牢獄みたい。

12:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'05.14 (Sat)

あの顔は・・・

日産と提携した三菱自動車。

あのニュースで印象的だったのは、

三菱会長のあの何とも悲しそうな、さみしそうな感じの顔だった。

あの顔は、何なんでしょうね?

午未月さんに「どうして○○○ー○を使うことにしたんですか?」

って聞いた時もあんな悲しそうな、さみしそうな顔をしていたなあ、って思うんですよ。

っていうか、その時のことが思い出される顔だったんです、彼の顔は。

あのニュース見てから、ずっとこのことについて考えてしまうんですよ。

そして、

「あの表情は、向きあいたくない自分の失敗の渦中におかれている人間の顔なのかもしれない。」

って思うようになりました。

本当のところは、確認のしようがないとは思いますが。

けれど、達成不可能は目標を、

もしも上層部が達成したような形にせざるを得ないように追い込んだのなら、

それは事実上のねつ造の強要になってしまうと思うんですよ。

上層部は強要したことにならない、強要に。

本当の詳しいいきさつはわかりませんが、

自分の経験から、ついついこんな風に考えてしまう私です。
12:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'05.06 (Fri)

部活は速やかに辞めよう

うつ病になってしまったとき、

部活をやっていたのなら、

速やかに辞めて療養生活に入った方がいい。

私みたいに「部活やらないと」っていう感覚にとらわれているときは、

主治医の先生方にはお願いしたいことは、

「先輩に嫌われるのを怖がって辞めないよう頑張っても続かない」とかアドバイスしてくれたり、

円満に辞められる理由を一緒に考えていただけるとありがたいです。

「たかが部活」と侮るなかれ。

私の場合、

すごく中途半端な形で辞めてしまったことが、

その後の人間関係に13年以上悪影響を及ぼしたのです。

私は鬱になったくせに、

何か「部活をやめちゃいけない」って思っていたみたいです。

主治医からはやめるようにはやんわり言われいていたかもしれません。

でも、混乱していたのか穏便に辞められる理由も全く思い浮かばない。

理由を主治医に相談しておくべきだったとひどく後悔しています。

一生の後悔ですね。

ちなみに、私がどういういきさつで部活をやめたのかといいますと、

最悪の、「幽霊部員化して辞める」パターンでした。

私が幽霊部員化した日、

鬱で急に具合が悪くなって救急外来へ行きました。

そこで抗不安薬を筋肉注射してもらい、その後帰宅。

とっても眠かったので

「ひと眠りしてから(部活に)行こう。」

とちょっと横になったところぐっすり眠ってしまい、

目を覚ました時にはすでに部活が終わった時間でした。

それで何か糸が切れたような気持ちになったことと、いよいよもって部活にいきづらくなってしまったことから、

そのまま幽霊部員化→辞めるの過程をとってしまいました。

実は救急外来に行ったときに、

「部活をやめなくちゃ死にますよ。」とは言われていたんです、救急担当の先生に(主治医ではない)。

「今のあなたは両足が折れている状態です。

部活なんかできる状態じゃない。

あなた両足が折れている状態で部活なんか行きますか?」とも。

それを聞きながら私は「でも、そんなこと言っても」と繰り返していました。

本当はもっと早く辞めるべきだったんです。

でも、うつ病の名前を出すのは差別が怖くてできず。

不安に占拠されているような頭の中だったのもあって、自分の中では良い案は浮かばず。

人に相談しなければ解決策を見つけられない状況だったと思います。

うちのように、

一つの学部内の部活があり、

ある程度伝統がある大学であり、

そして卒業後も大学の人間関係が仕事に重要な影響を及ぼす可能性が高い場合、

部活内部での失敗は、その人の職場での評価に、一生響く可能性があります。

なので、部活のやめ方は大切です。

他の大学に移る、という解決策もありますが、

私のいたようなところは、本当に狭い社会なので、

大学の人間関係と完全に離れられるということは、まずないと思います。

うつ病をみてくださっているお医者さま方も、

「部活を途中で辞めたことで先輩方からひどく嫌われて、白い目で見られている。」

と患者が口にしても、

たとえその大学をご自身がいかに素晴らしい大学であると信じていても、

ゆめゆめ患者のその発言を

「被害妄想」と思い込んでしまいませんようお願いいたします。

その思い込みが患者の一生を左右してしまう可能性があります。

少なくとも私の人生にはそれが起こりました。

とにかく鬱になった多くの学生さんには、

鬱になったら、

「部活は即、穏便に辞める。」

これだけはきちんとやってほしいと思います。

ちなみに、

うちの部活のルールは絶対で、ものすごく強い影響力を持っていました。

ですが同じ学部の部活動でも、私立ではそうまで強い上下関係はなかったと思います。

だから、主に国公立大学の部活に対してのみ、注意すればいいことなのかもしれません。

ご参考までに。
14:52  |  うつ病れぽ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |