2016'09.12 (Mon)

痛々しい謎が解けた話

結構前の話だけど、

原子爆弾の映画で一番怖いシーン、

被爆者たちが、手を前にして歩いているシーン(←怖くて全力で下を向いて見ないようにしていた)

ずっと「どうして手を前にして歩いているんだろう?」

と疑問に思っていた。

先日、被爆者の話でその謎が解けた。

被爆者は、手を下げると痛いから手を挙げていたらしい。

皮膚がずるむけて当たって痛かったんだそうだ。

ということは、

表皮だけがずるむけて真皮が露出している状態!?

一番痛いやないか!!!

私が火傷して、

真皮ができてきたときは包帯が擦れただけで悲鳴上げそうなくらい痛かったぞ。

なんか、話から推測すると、

爆風で表皮だけ火傷して、表皮だけ剥かされたのかな、っていう感じだね。

いやだあ、こんな火傷の仕方。

今回、謎が解けたのでメモがわりに書き記すことにしました。

っていうか、

被爆者の写真や描いた絵は見れるけど、

未だに原爆のアニメムービーやはだしのゲンとかは怖くて見れない。

ムービー見てしまって、夜間に絶叫する子供の気持ちがわかる気がするよ。

本当、ちょっと年齢が上がってから映画から写真になったけど(←平和授業の内容が)、

最初から写真でいいと思った。

映画だけみると、

いつまでも苦しんでる人の姿が残るもんね(頭の中に)。
スポンサーサイト
16:13  |  メモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'09.12 (Mon)

見積もり

そういえば以前、

見積もりをお願いしたことがあったなあ。

でも結局高いから「買わない」ってことになって、

見積もり依頼した業者さん、気の毒だったなあ。

そして次に見積もり依頼した時は、

見積もり持って、

午未さんは病院に消えて行ったんだよね。

科のお金はもうなくなっていたから。

この分野での研究経験は、なかったとしか思えないのに、

金のかかる研究やろうとするから。

キットも金かかるしね、すごく。

院生一人当たりに国から支給される20万円なんて、

一瞬で消えてどっかいっちゃいますよ。

キット一つに5~10万ぐらいはかかってたし。

無茶苦茶ばっかやってましたね。

本当にいい迷惑です、午未さん。

そんなことを、思い出してしまった今日でした。

科全体で、せいぜいあったとしても2~300万円くらいしかなかったんだから、

もうちょっと経済的にも現実的な研究計画たてるべきだったんだよ。

見栄もあったんだろうなあ。

かっこいいデータを出して、

華々しく某ポストに就きたかったのかな?

研究者としては、お粗末すぎる集大成でしたけどね。

一年分の予算で、

三年分の研究データを出すためのお金を工面すること自体も無茶苦茶な話だよね。

誰にしわ寄せを寄せても自分のデータは作らせたかったんだろうけど。

とにかくどこまでも無茶苦茶に

自己過信を友として突っ走ってた感じだね、あのときの午未さんは。
15:59  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |