2016'09.28 (Wed)

母からの電話

昨夜、母からの着信が

いつもはスルーしてるけど、

2日連続だったので、

「何か大切な用かもしれない。」と出てしまった。

そのときの会話がこれ

私「なに?」

母「あ、今○○(長男の名前)から電話がかかってきたから切るね。」

母「もしもしー?」(←回線を切り替えて、長男と話していると思っている)

私「私だけど」

ツー、ツー、ツー

と、速攻で切れました。

電話に出たことを後悔しつつ、

腹がたったので、父に報告。

報告中、母からまた着信が。

もう出る気がせずにそのまま。

酔ってたし、

最悪長男と連絡が途切れたのを

私のせいだと責められる可能性も考えられたので(←似たような理由で責められた経験が多々あるため、警戒してしまう)、

もうその夜は、そのままにして過ごすことにしました。
スポンサーサイト
12:03  |  母との思い出  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |