2016'10.29 (Sat)

格差兄弟

私と比べ、弟の長男は溺愛されて育った。

私はしょっちゅう殴られたし、

特に母が酔っているときなんてサンドバック状態だったけど、

母が長男に手を挙げたところなんて見たことがない。

父も見たことがないから、

実際まったく叩いてなかったのだろう。

母はとにかく長男が大好きだ。

昔から、長男の言うことはなんでも喜んで聞いていた。

たとえば、私は食べ物の好き嫌いを口にすれば、すぐに平手打ちが飛んできたが、

長男が口にするときは、

長男の好みを常に最優先した。

食事の時間のときも、

私が今日あったことを話そうとすると、

「あんたの言うことなんか聞きたくない。」と言った主旨のことを言われて、

いつも遮られていた。

そして母は長男の話を聞きたがる、というのが常だった。

一度、母に

「どうして○○(長男の名前)ばかりかわいがるの?」

と聞いたことがある。

母の答えは、

「だって○○はかわいいけど、あんたはかわいくないから仕方がないじゃない。」

というものだった。

まったく悪びれることなく、こういうことを言ってくる母親だった。

そんなわけで、私は母にその日の出来事を報告した記憶がない。

母は常に私の気持ちには無関心だった。

母自身が私にやらせたいことが、

母の中でいつの間にか私自身が自発的に望んだみたいなストーリーになってたことはままあったけれど。

攻撃の標的だった私が出て行き、

長男が家を出ていくと、

母の攻撃の矛先は末の弟に向かっていたらしく、

末の弟は「あのときは俺も病んでたなあ。」とか言ってたな。

でも攻撃を受ける期間が短かったせいか、

うつ病発症とかにはならなかったらしい。

男の子だったし、

母が自分のやらせたいことをさせるために費やすエネルギー量も、

女の子よりも少なかったんだろう。

私の方はと言えば、母と縁を切らなければ、

私の人生は始まらないように思えていた。

母との関わりは、私の意志や欲求をすべて母のために(もしくは家の平和のために)押えることを要求されるもので、

ややもすると、私の人生もすべて母の所有物のように扱われる恐怖をはらんでいた。

それでも、どんなに家族のために我慢しても、

それが原因で鬱になっても絶対に私の状況に配慮はしてもらえない。

本当にそんな家だった(うつ病にいたっては、仮病扱いもしくは私がもともと頭がおかしかったと言われたことがある。)。

本当に、一人暮らししているときは平和でほっとした。

最初は大変だったけれど、

一人暮らしをして、自分の気持ちを大切にできるようになってくると、

もう二度とあの家に戻りたくなくなる。

そして、私が自分の気持ちを尊重するようになることで、

母とのいさかいも増えていった。

母は、自分のために一生召使のように仕えてくれる娘が欲しかったんだろうか?

母の言うことをすべて聞いていたら、

鬱がいつまでたっても治らないうえに、

結婚もできないと思っていたから逃げ出したんだけどね。

娘の人生は自分のものだと思っている人なのもあって、

私が結婚したら、私の新居を別荘みたいに入り浸ろう、みたいなことを言ってきたこともあって、

「音信不通になるしか、普通に結婚できない。」と思い詰めていた私です。

できれば母に知られることなく結婚したくて、

そのためにはどうしたらいいのかあーだこーだ考えていた。

母は私がいいなりにならないと機嫌がすごく悪いけど、

私は一緒にいると気が休まらない。

いつもなにを言われるかわからないし、私に反抗することは許されない。

「大好きな長男と一緒にいればいいじゃん。」と疎遠になっていく気満々だった。

トータル的にはその方がみんな幸せだと思うんだが、

私の気持ちを考慮してもらえない社会(家庭)では私の幸福度は考慮してもらえないので、

やはり母から逃走するのがベストかと。

こういうことって、子供の方が悪く言われることが多いのが、辛いところですが(やはり、日本は儒教圏)。

「墓守り娘の嘆き」とかっていう本、買って読んだことはないけれど、

記事で紹介されていた内容には、いちいち共感できた。

「母親の言うことを聞いていたら、37歳で独身」

みたいな記述もあったなあ。

実は結構いるかもしれない、

自分の言うことを聞いてくれる都合のいい娘を失うことが嫌で、

無意識に娘を結婚できない状況に追い込む母親。

娘のその後の人生については考えてませんね(泣)。

こういう話って、

本当に専門家でないと話しづらいよね。

「反抗できなかったあなたが悪い。」って言われたこともあるし、

親を悪く言う話は基本的に聞きたがらないし、

「あなたが何かしたんじゃない?」とか言われたこともあったなあ。

高校の先生に相談したこともあったっけ?

でも、本を渡されて、

「不良もいろいろ苦しい人生を送っている。」とか、

世間一般的な話で終わりました(ちなみに「児童虐待防止法」が制定されたのは、私が高校生のとき)。

まあ、貰った本はすっごく面白かったけどねー(宮尾登美子さんの「もうひとつの出会い」、宮尾さんは「篤姫」の原作者でもありますね)。

私が母からされていたことが虐待だと分かったのは、

大学に進学して、

その後10年以上お世話になる主治医に出会ってからでした。

さらに言えば、

私から見れば母は完璧にアルコール依存症なんだけど、

長男はまったくそう思っていないみたいです。

長男は職業柄、わかると思っていたが、そうでもないみたい。

長男が母のアルコール依存症対策すればいろいろ解決する気がするんだけど、

長男がその考えを受け入れる気はないみたいだし、

私も長男とは仲が悪いので強く言うことなく現在に至っています(すぐ喧嘩になりますしね)。

そんな長男の心理がまったく理解できない私です。
スポンサーサイト
14:34  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'10.27 (Thu)

ネットで拡散しやすい要素とは?

あくまで私個人の意見だけど、

ネットで拡散しやすい(世界規模で)話題になる要素は

以下のようなものなんじゃないかと思う。

1.ゴシップ要素がある。

人間のゴシップ好きに国境なし。

2.もともと注目されている話題にまつわる不正など

STAP細胞事件など。

3.(世界的に見て)特異である、もしくは前代未聞である。

「日本の常識は世界の非常識」と言われることもあるけれど、

日本ではそう騒ぐようなことではなくても、

世界では注目されることがある。

などなど、

上記の3要素のうち1つでも当てはまったら、

けっこう拡散されてしまうように感じるよ。

私はこれらの要素を満たしているのかな?

1.ゴシップ要素

これは間違いなく当てはまるな、間違いなくゴシップ的なうわさ流された痕跡あるしな。

午未さんからしたら、

「ああめんどくさい、とっとと結婚していなくなれ。」的な感じで流した噂だろうけどね。

私の容姿がすごく綺麗である、と噂が流れていたのなら、

間違いなく午未さんがとっとと結婚して欲しくて流したものですね。

そうすれば、一応の解決を見たような形式にできて、

自分の講座に「問題があるようなことはなかった。」ということにできて

自分は何事もなかったかのように教授選に出馬できる。

という算段だったんだと思う。

私の方からして見れば、

大学のある県では男の人に怖がられることが多かったよ(←結婚させられるとおびえていたらしい)。

その後はうつ病が原因と思われる差別のようなことされたり、

顔覗きこまれてがっかりされて傷ついたり、

かなり嫌な思いしていたうえに、見世物みたいに扱われるのが本当にしんどくて、

2009年くらいには「やろう」と思っていたお見合いをするどころではなくなり、

婚活から遠ざからざるを得なくなったんだけどね。

ほんと、午未さん、思惑が裏目に出まくるというかなんというか・・・。

なんで、ここまでやってること裏目に出まくるのに、

自信満々に妙な手打ってくるんでしょうね?

2.はないな、もともとは全く注目されてなかった。

3.(世界的に見て)特異である、もしくは前代未聞である

この要素はあると思う。

まず、午未さんのやったことはおそらくうちの大学でも前代未聞だ。

日本中でも前代未聞の可能性が高い。

午未さんは「こんな一地方大学のごたごた、誰も注目しないだろう。」と思ってやったようにみえたが、

(そして、さらにいえば、周囲の人たちが午未さんのしていることを「ひどいこと」として認識していると分かってショックを受けているようにもみえた。)

諸事情あって四国に行ったとき、

四国にまで拡散していることに驚いた午未さんは、

まるで私が悪いから拡散したかのような仕草を見せた。

個人で拡散させるにも限界があるでしょう?

ここまで拡散させる手法があるんなら、

企業とかがとっくにやってますよ。

私は四国に来ても人目が気になることにショックを受けていたのに、

午未さんが考えたのは、私を犯人とすることだったらしい。

もしかしたら、一連の拡散事件はすべて私のせいだと(大学の中では)されていたのかもしれないね。

とにかく、

午未さんと一般の人の感覚の間には、

大きな解離があったと思われます。

前代未聞要素についてさらに言うならば、

カルテ上の個人情報を大学病院が広く世間に発信していったという事実。

これはまず間違いなく前代未聞なんじゃないかな。

しかも、新潮とか文春とかフォーカスとか、

生きてくためにときにゴシップ書く必要がある人たちにうっかり漏らしたんじゃなくて、

自ら積極的に発信していったという事実は、

本当に深刻だと思う。

あの事件ののち思ったことは、

私の個人情報は地元で、

まるでゴシップネタの一部のように扱われたとも感じたし、

当たり前のように個人情報は拡散し、保護されなくなった。

あの大学病院は医療倫理を著しく引き下げる前例を作ったと思う。

私はもう、あの大学病院に行くのは生涯無理な気がします。

カルテ電子カルテだし、

医師以上であればすべての科のカルテの内容が見れるし、

たとえ、午未さんのいない科に受診しても、当然読めますしね、彼は。

それでまたひどい目に会いかねませんので、

私にはあの大学病院受診はもうないです。
10:57  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'10.19 (Wed)

超入るのが簡単だった空港

とはいっても、私はそんなに海外に行っているわけではないんだけど、

超入りやすかった某空港での出来事は

入局管理官「Hi!」

私「・・・・」(←空港に着いて、いろいろとショッキングな現実に気づいて落ち込んでいる)

ガシャン(←ハンコが押された音)

という風に、

入局管理官の呼びかけに応答しなかったのに、入れました(笑)。

もうひとつ、この空港がらみの思い出と言うのが、

空港というか、この空港に行くまでの飛行機に乗り込むときの出来事なんだけど。

飛行機に乗り込むとき、

機長と副機長が飛行機の入り口で乗客を出迎えているんだけど、

私を見て一瞬で顔色が変わった副機長(と思しき若い男性)に対し、

機長(と思しき40~50代の男性)はほとんど顔色が変わらなかったことがあります。

この人は私を見てちょっと目を大きく見開いて、眉毛をすこし動かしたけれど(←多分、驚いたんだと思う)、

すぐにもとの表情にもどって、普通に挨拶してました。

びっくりしましたよ、

あの事件のあった日からそのときまで、

私の顔を見てここまで表情が変わらなかった人は初めてだったから。

「この人すごいわ。

ここまで平静を装えるなんて、

相当な自己抑制能力のある職業出身に違いない。

きっと元軍人なんだわ。

恐るべし、○○○○軍。」とかって、

勝手にストーリーを作って、

勝手に感心してました。

ろーたすはひそかにこの人に、

2010~2014年の間、

ろーたすの顔を見て、

「もっとも顔色を変えなかった大賞」をあげてます。

特典はなにもありませんが(笑)。

とにかく、すっごく感心しましたので。

このパイロットの強い精神力に敬意を表して。

当の本人は、知る由もありませんけどねっ。
17:13  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'10.05 (Wed)

ストレッサーとしての母

母のやってくることで理解不能なことは多々あるが、

そのなかでもとりわけストレスなものに、、

①私のものを異常に欲しがる

②私が母よりも痩せていると不機嫌になる

というものがある。

①については、先日の弟がらみの用事のときにも発動しかかって焦った。

そんなに高いものでなくても、やたらと欲しがるのだ。

この日、私は機内持ち込み可能なスーツケースと、黒いスプリングコートを持っていた。

どちらも新品ではあったけれど、4,000円ぐらいのもので、そんなに高級品でもない。

なのに、持ってると「むかつくわ~。」とかって言われた。

「ああ、これはもうじき欲しがり出すな。」という予感がしていたんだけど、

その日は酔い潰れてしまったのもあって、

欲しがられて大変な思いをすることはなかった。

「自分で買えばいいでしょ。」と言ってもなぜか買わない、欲しがる。

理解不能。

たとえ安ものでも、自分の気に入った服をとられるのは嫌なものです。

大学時代も、家に母がやって来たとき、私のいないうちに勝手に私の部屋でファッションショーされてて、

「この服とこの服が欲しいから頂戴。」と、自分の欲しい服をピックアップしてくる。

「気に入っているから。」と断ると、

「誰のおかげで大学にいけていると思っているの?」と、事実上の脅迫のようなことを言ってくる。

私には脅迫されているようにしか感じなかったな。

②については、大学時代、実家に帰るとまずさせられるのが、

体重計に乗ること。

それだけですめばまだいいんだけど、

私の方が母よりも痩せていたら、母が不機嫌になって食べさせられるのだ。

でもね、当時の私は20代前半の独身女性。

対して母は、出産経験があって、なおかつ食べることが大好きで

ビールとからあげの誘惑に勝てない40~50代の女性。

私の方が太る方が、土台無理な話だと思うんですよ。

しかも体重計に乗るのを拒否すると、①と同様に、

「誰のおかげで大学いけていると思っているの?」と言ってくる。

そして、私の方が太っていると機嫌がいいんだ(鬱がひどいとき、太ってたんだ~。)。

そんな母親をみるのが本当にいやでね。

そんなもろもろの積み重ねもあり、

一時期から実家に寄りつかなくなり、

上記の内容の電話がかかってきても無視するようになりました。

ただ、今でも電話で私の体重を(父に)聞いてくるらしく、

面倒くさいので「70kgぐらいある」といってもらっています。

びっくりするものの、信じて安心するみたいです。

ちなみに、前述した弟がらみの用事のときでも「70kgある、筋肉ですっごく重いんだ。」と母に言ったように思います。

あっさり信じるところがマジで受けます。

でも、このほうが平和だから、「嘘も方便」ということで、いいんじゃないんでしょうか。

概して母は私に対して、異常に嫉妬深いところがあるので、

以前、2回ほど海外に行ったことがあるんですが、

父には、「家にいる」ということにしてもらいました。

なので、母は私が海外に行ったことを多分知りません。

知られたら、嫉妬全開でなにを言われるかわかりません。

でも、そんなに悪いことじゃないのに。

どうして普通の子供が当たり前に許されていることが私はダメなんでしょう?

弟は留学までさせているのに。

どうして私は、県外の大学いっただけであんなに責められなくちゃならなかったんだろう。

ただの嫉妬だと今なら納得できるんだけど、

何やっても憎まれていると感じて、

それがどうしてなのか全く分からなかったときは、本当にくるしかった。

今でも関わるのは無理だと思う。

私のやることなすことが何もかもに口を出してきそう。

小島慶子さんのお母さんとは少し違っているんだろうけど、

こういう母親って結構多いんだなあ、と思う。

そして父親の対応も似たり寄ったりなのかもなあ、とも思う。

小島慶子アナだったかどうかは覚えてないけれど、

自分の結婚生活守るために、こういう母親と絶縁する人多いよね(気持ちはすごくよくわかる)。

小島アナも自殺したいときがあったみたいですね。

「拒食症」を「静かなる自殺」と呼ぶ人もいるから、

やっぱり拒食症はそういう辛さの表れだったんだろうと思います。

しんどい時は、こういう人の記事を読んでいると、落ち着いてくる私です。

ときどき、母に対する私の対応を、責められているように感じるときがあってね。

でもね、「実の親子なんだから、大丈夫。」っていう言葉、

どうしても私には引っ掛かってしまうんですよ。

その言葉の根拠は、本当に危ういと思うのに、

どうしてみんなこんなに信じるんだろう?と

不思議で仕方がなくなることがあります。
14:29  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'10.03 (Mon)

某苦労した空港

入国に苦労した某空港。

あそこはきっと、世界で最もキャラの濃い入国管理者たちの集うところ。

ここでの入国管理官とのやりとりは衝撃的でした。

私がパスポートをだすと、

入国管理担当の人「なにが目的できたの?」

で、多分「観光で」と言ったんだけど、

なんか今度は理由を聞かれて、

私(なんでこんなこと聞いてくるんだろう?と思いながら)

「自分の国でトラブルに巻き込まれて、仕事とかするのが難しくなってしまった。この国で何か今後の人生のヒントをみつけたいと思ってきた」

みたいなことを言ったところ、

今度は

「どうして無職なの?」

みたいなことを聞いてきた。

ここで一緒に来ていた同伴者が会話に介入、

「この人私の同伴者だから入れてくれない?私はカナダで会社をしているの。」

だいったいこんなことを言ってたと思う。

そしたら、

入国管理の人が、

「無職なのに、・・・・・(聞き取れなかった)入国は・・・(ここも聞き取れなかった)」

とうぷぷぷって笑いをこらえながら言ってくる(年齢についても言われたかもな)。

正直、無職なのをからかわれてるようにしか感じなかった。

すると、同伴の人が「・・・・・(聞き取れなかった)訴えるよ。」と言ったところ、

その人は引き下がり、なんか不満そうに入国許可のスタンプ押したので何とか入国。

まさかまさか入国前に「訴訟になるかも」な出来事に遭遇するとは思いませんでした。

そんなわけで、次回からは必ず自分の持っている資格の職業を記入することにしました。

びっくりした。

知人の日本人は、入国管理のブースに行くまですごくこわがっていたらしい。

まあ、そういう人もいるよね(でも、普通は大体問題なく通れるみたいだよ。)。

私が怖くなかったのは、

きっと午未さんや乙丑さんみたいな大悪党を上司にもった影響かしら。

それはさておき、

彼女(入国管理した人)にされたことよりも、

外国でも絡まれたように感じてショックだった。

こっちでも指さされて笑われたりとかいろいろあったんだけど、

最初はやたら身なりの良い20代の男性とかが多かったから、

午未さんのいる大学がらみだと思っていたんだけど(地元の大学の、同業系の大学教授には、あの大学出身者多いし)。

写メをとろうとしているのか、スマホを向けてきたりして、

私に嫌がらせをしてきているような感じの人たちには作業着の人たちとかもいて(明らかに異なった業界の人たち)、

なにか、私にちょっかいを出してくる人たちの層が、

明らかに広がっている感じがしたんだよね。

なんとなく、社会に不満を持っている人たちが憂さ晴らしにちょっかい出してきてるんじゃないかと思うんだけど(何か昨日もまた、「釘でパンクさせられたんじゃないか。」っていうことがあったし、父のだけど)。

あの入国管理の人もそういう意図だったんじゃないかって。

「だとしたら、治安の悪い国とか行くのは危険だな。

外務省が警告してないところでも、いかないように自粛すべきかもしれないな。」

と思ったことを覚えている。

相談しようとしても、誰も話を聞いてくれないから、すべて自分ひとりで考えてやってみるしかないけどね。

かなーり、ああいった人たちがちょっかい出したくなるような、

からかいたくなるような内容が流布されているんだろうか?

内容を誰も教えようとしてくれないことが、一番怖い。

本当に、午未と乙丑は私には犯罪者だよ(つーか他にも悪いことやってるからなあ、「私には」は・・・、うーん)。

「主文、

被告は自分の研究指導ミスが公に露呈し、

自分が教授になる資格を失いたくないという、

きわめて自分勝手な動機から、

研究指導内容同様、見通しの甘い独りよがりの論理を展開し、その論理を元に犯行に及び、

そのことによって何の落ち度もない被害者の社会生活に計り知れない損害を与えたものとして、

○○○に処す。」

とかって口をついて出てくることあるわ、ほんと。

研究指導内容同様、本当に浅はかにやったのかも。

状況証拠になりそうなくらい、浅はか度が似通っていたりして(笑)。
13:10  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |