2016'10.19 (Wed)

超入るのが簡単だった空港

とはいっても、私はそんなに海外に行っているわけではないんだけど、

超入りやすかった某空港での出来事は

入局管理官「Hi!」

私「・・・・」(←空港に着いて、いろいろとショッキングな現実に気づいて落ち込んでいる)

ガシャン(←ハンコが押された音)

という風に、

入局管理官の呼びかけに応答しなかったのに、入れました(笑)。

もうひとつ、この空港がらみの思い出と言うのが、

空港というか、この空港に行くまでの飛行機に乗り込むときの出来事なんだけど。

飛行機に乗り込むとき、

機長と副機長が飛行機の入り口で乗客を出迎えているんだけど、

私を見て一瞬で顔色が変わった副機長(と思しき若い男性)に対し、

機長(と思しき40~50代の男性)はほとんど顔色が変わらなかったことがあります。

この人は私を見てちょっと目を大きく見開いて、眉毛をすこし動かしたけれど(←多分、驚いたんだと思う)、

すぐにもとの表情にもどって、普通に挨拶してました。

びっくりしましたよ、

あの事件のあった日からそのときまで、

私の顔を見てここまで表情が変わらなかった人は初めてだったから。

「この人すごいわ。

ここまで平静を装えるなんて、

相当な自己抑制能力のある職業出身に違いない。

きっと元軍人なんだわ。

恐るべし、○○○○軍。」とかって、

勝手にストーリーを作って、

勝手に感心してました。

ろーたすはひそかにこの人に、

2010~2014年の間、

ろーたすの顔を見て、

「もっとも顔色を変えなかった大賞」をあげてます。

特典はなにもありませんが(笑)。

とにかく、すっごく感心しましたので。

このパイロットの強い精神力に敬意を表して。

当の本人は、知る由もありませんけどねっ。
スポンサーサイト
17:13  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |