2016'11.25 (Fri)

モニカ・ルインスキー

クリントン元大統領と不倫騒動を起こした女性ですが、

この騒動以降、

一度も就職できなかったみたいですね(今40代)。

彼女から学んだことは、

「ゴシップは立派に就職に不利に働く。」ということでしょうか。

「私もこの人と同じくらい、世界中に知れ渡ってるかも。」と怖くなったことを覚えてます。

しかも、嘘のゴシップで。
スポンサーサイト
12:20  |  にんげんヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.25 (Fri)

2010年からの軌跡

2010年のハラスメントで、

私が受けた最大の社会的損失は

「鬱の既往が広く知れ渡ってしまった。」ことでしょう。

この県に戻ってきても、差別のようなものに遭いました。

家族からも「早く前を向きなさい。」みたいに、就職を促されましたが、

やっていく自信が全くありませんでした。

やればその病院に私のいた大学からまた圧力がかかり、

私はまた彼らの言い分を正当化するためだけの労働を強いられるのでしょう。

そして、誰も私に対してどんな噂が流れているのかも教えてくれない。

幼稚園児に笑われたこともあり、

それが私にとって大変不名誉なことであることは明らかでした。

不名誉なうわさに、実際2010年は鬱を理由に患者から苦情が来たこともあったように思います。

2010年、

大学院生で、正直、技術が向上するようなアルバイト先にも派遣させて貰えなかった私は、

経験不足からくるミスも、

すべて鬱とつなげて考えられてしまう、ということを経験しました。

しかも、どうも不名誉な噂が流れている様子。

問題が発生すれば、状況がすべて私に不利に働く可能性は、十分にありました。

それで、

自分に対して、どういう噂が流れているのか、

何とか知ろうと努力しましたが、

残念ながら現在まで達成できていません。

けれど、

海外に行けたことで、

特に男性からの反応から、

これが

ゴシップものであり、

私がずいぶんきれいな女性であるかのような噂が流れているようだ、

ということはわかりました。

実際には午未さんが、

私に早く結婚してほしくて(そして、自分の起こした問題を「問題なかった」ものとして処理するために)

流した噂なのでしょう。

ヨーロッパでも写メをとられましたけどね。

とにかく、

鬱の既往が完全に就職にも不利に働く状況に置かれてしまいました。

この業界の人たちは、

鬱に対してひどく差別的な人も多いみたいですし。

実際、

大学で三角関係に陥った某男の人も、

私の鬱に対して、かなり差別的なことを言ったんじゃないかと思いますよ。

周りの人間が、ひどくショックを受けたふるまいをしていた状況に、出くわしたことがありますから。

2010年の夏(おそらく8月ごろ)、

そのことで、外来で、三角関係のもうひとりの女子と大ゲンカやらかしたように思えますから、

痴話げんかを聞いた患者さんもいるかもしれませんね。

そんなわけで、「就職はかなり不利になってしまった。」

と頭を抱えてしまいました。

この業界もかなり厳しいので、

鬱の既往があることが周知されている人間を雇うことは

「苦情につながりやすい。」と避ける傾向にあるように感じています。

しかも、大学ともめた人間です。

厄介事が嫌な人間なら、まず避けるチョイスだと思いました。

鬱の既往がばれてしまったことの対策としては、

かねてから興味のあった障害者がらみの分野に行こうと思っていました。

その分野の先生方は、

鬱に対して正しい知識を持っていると感じたからです。

しかし、圧力はあるかもしれません。

2010年に受けた仕打ちを考えると、

それは恐ろしくて仕方がない事態でした。

考えただけで、夜も眠れません。

しかも、真摯に相談に乗ってくれる医療機関はどこにもないから、

すべて自分ひとりで決断しなくてはなりません。

実際、いくつも治療者をわたりましたが、

彼らに関わった最大の収穫は、

彼らのカウンセリングではなく、

海外の人たちの反応から感じたことでした。、

そういったこともあり、

「もうこの仕事やりたくない。」と主張。

別の資格試験の勉強をしていたのですが、

その教材に書いてあった悩み相談コラムで、

「奥さんが教師ですが、結婚後鬱になってしまいました。これからどうすればいいのでしょうか。」

といった内容の相談を見つけてしまいました。

返答は、

「結婚後鬱になったとのことですが、

本当は結婚前に鬱になっていたのだと思います。

あなたは騙されて結婚した可能性かあります。

私があなたの立場なら、

まず離婚します。

今の世の中、鬱の人を抱えて生きていけるほど甘いものではありません。」

大体このような内容でした。

私の鬱の既往はおそらく知れ渡っているので、

もう隠しようがありません。

大企業が鬱の人間を見分けるためのマニュアルを持っているみたいですが、

いくら面接でその質問を見分けることができても、

周知されてしまっていては、

隠しようがありません。

さらに、この業界のトップの人間がこのような考えだったのは、とてもショックでした。

そういったこともあり、

「もうどうせなら、やりたいことをやろう。」と海外に完全にシフトすることにしました。

いずれにしても、予定通り人生が進んだことなど、一度もないのです。

悔いのない人生を歩むことに全力投球するようになりました。

海外行きは、何度か躓きましたけどね。

それでもあきらめられないのは、

きっと取りつかれてるんでしょう、海外に(笑)。

以上、これまでの6年間を振り返ったまとめです。

今月は私の人生の一つの節目と感じていますので、

記念に書きこみます。
12:04  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.22 (Tue)

なんとなくわかった気が・・・

2010年、

当時住んでいたところ付近の人たちから、

「△大学病院は上の人間が馬鹿なことをしているから、

○新聞の口コミでも□大学病院に抜かれているんだ。」とか聞いたことがある。

△大学病院から歩いて10分のところに住んでいながら、

わざわざ車で30分かけて□大学病院にいく人もいたな。

ろーたすの病院チョイスは実は、

院長の出身大学病院チェックに始まります。

そして、

△大学病院を避ける方向で行っているのですが(いろいろありまして,、行くの無理。)、

そうこうしているうちに、

この県にも□大学病院出身者がいることを知りました。

△大学病院出身者多いんだから、

□大学病院出身者いても不思議じゃないよね、たしかに。

せっかくだから、今度行くなら、

口コミ上位の

□大学病院出身者のいる病院に行ってみるのもいいかも、

なんて思っています(どんな感じなんだろう・・・)。

いつになるかはわかりませんが(笑)。

それにしても、

あのときの地元の人たちの優しさや援助は、

大学内部の権力闘争にうんざりした気持ちから来たものなのかも知れませんね。

非常に助かったことは言うまでもありませんが。

特に引っ越す際とかは・・・。

なんとなく、そう思い至った私です(笑)。
16:38  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.18 (Fri)

劇的に効きました!!!

喉が弱い私、

風邪はいつも喉から。

そんなろーたすはここ1年ほど、

ずっとシャドーイングを行っておりました。

そしたら、やっぱり喉が痛くなる。

「でも、早く覚えないと、リスニングも伸ばしたいし…。」

と痛くても音読を続けていたところ、

だんだん耳まで痛くなってきた。

それでもしばらくシャドーイング休んでたら痛みは治まっていたんだけど、

先日、

人の多いところに行かなくてはならない用があり、

そしてさらにその翌日ぐらいから気温が急激に下がったのもあって、

熱が出てきました。

そんでもって喉も耳も痛くなった。

2~3日様子をみて。

熱がひいたと思って普通に活動したらまた熱がでた。

そんなことを繰り返したのでさすがに慎重になり、

体温計買ってきてもらって測ってみたら、

「熱がない。」と思っていた状態で37度台だった。

「体温も測らず自己判断はダメだな。」とおとなしくしてたんだけど。

ちょっとしたことですぐ痛くなる。

「いい加減、病院行こうかな。咳がなくて熱と喉と耳だから、耳鼻科かな。」

そう思いつつも、病院行きたくない、マジで。

とりあえず、

「もうちょっとマスクと消毒薬買おうかな。」と

近所のホームセンターに買物に行くことにした。

そこで、歌手やアナウンサー御用達の某漢方を発見してしまった私!!!

「これ試して駄目だったら病院行こう。」と即購入。

使ってみたら、

一日で耳の痛みがなくなった!!!わーい!!!

すごいっっっ!!!この漢方すごいっっっ!!!

1か月以上続いた喉、耳の痛みと発熱が~!!!

感動したろーたすでした。
09:32  |  良いこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.10 (Thu)

2013年にあったことと、今後の方針

衝撃的な選挙結果がでてきました。

みんな、生きていくのに苦しいのでしょう。

でもヒラリーに当選して欲しかったですが(泣)。

でも、そんな激動な世界の中でもろーたすは、

ろーたすなりに未来への展望を掴まなくてはなりません。

留学しようとして失敗した某国での経験から、

今後どうすべきかよく考えてみたいと思います。

2013年、いろいろありました。

一番感じたのは、

「いかに自分の苦痛に向き合ってもらうことが難しいか。」でした。

2013年、入国はしたものの、

一番聞いてほしかった「人目が気になる。」に対してきた返事は

「そんな苦痛は存在しない。」でした。

その一方で、「あなたのためなんだから、来なさい。」と、自分が行く集まりに行かせようとする。

相当「嫌だ」って言ったんですけどね。

それから、

「そんな苦痛は存在しない。」と言われた次の日ぐらいから、

風邪気味になってしまったんだけど、

なにか私を担当していた従業員を私が好きだと思われたんだろう。避けられましてね。

風邪で物資買うのがしんどい時に、

避けられて全く手伝ってもらえなかったのはしんどかった。

まあ、「結婚させればすべて解決する」みたいだった2010年から、

何かにつけ、すぐこういう推測が発生して、

そして相手が怖がって逃げようとすることはしょっちゅうあったので、

みなれていた風景だと言えばそうなんだが、

そのくせ、「もうちょっとしかいられないから。」とか、

何かとセラピーを受けさせようとする。

風邪引いてたし、肝心なところ聞いてもらえないのもあって、

やる気全くありませんでしたが。

かつての主治医から、

「信頼関係ができていなければ、治療効果はあまり見込めない。」とも聞いてたしな。

私、なにしにこの国行ったんでしょうね?って思ってました。

さらにさらに付け加えると、

帰国して地元に帰ってから、

この滞在がらみなのか、

指を差されて笑われることも何度かありましたね。

屈辱的な日々を過ごしました。

今でも私を指さして笑った人たちは、

私がいた大学の関係者ではないかと思っています。

これらのことから、ろーたすが推測していることは、

集まりに強引に参加させようとする

→ろーたすの知名度が高いことを利用して宣伝活動したのではないか(本当に個人か企業が今の私の状態になるよう宣伝活動をするとしたら、一体いくらかかるんだろう?億とかいくんじゃないかなあ、と感じています)。

人目が気になることについて聞いてもらえなかったことについて

→何らかの理由で無視する必要があった。さらに、そのことについて無視した方が宣伝に利用しやすいとか、なにか背景があった。

セラピーをやたらと受けさせようとしたことについて

→関係が悪化したと周りに思われたくない事情があった。

というのが本当のところだと思う。あくまでも推測だけど。

結局、人目が気になることについては、

話を聞いてもらえそうになったものの、

その後音信不通に。

この国は福祉国家だけど、失業率は日本よりも高い。

手厚い社会保障と失業率の低下をどう両立させて行くかが課題の国なんだろう。

いろいろ大変な生存競争もあるんだろう。

いい国だとは本当に思うけどね。

たぶん、また行くだろうけどね。

ただ、私の海外滞在は、

対策打ちださないと、相当しんどい思いして終わりそうな気がするよ。

ろーたすの望みは、「なるべく平和に、静かに暮らしたい。」です。

それから「人目が気になる相談にも乗ってほしい。」です。

ですが、商業的などさまざまな思惑が絡んでいるのか、

もう以前のように、

「ただ苦しいのを聞いてもらえる。」スタイルになるのは本当に困難なのではと感じています。

患者としても、置かれている状況が全く変わってしまった。

とりあえず、なるべく穏やかに過ごすために必要だと思うことは、

「海外に滞在するにしても、なるべく業者を介さないようにして、あまり日本の企業は利用しないようにする。」

「独身男性を担当にしてもらうのは極力避ける、特に草食系男子は絶対に避ける。」

「なるべく企業としては体力のある、大きい組織を利用することを検討する。」

ということを考えているよ。確定ではないんだけどね。

とりあえず、草食系男子から避けられ期間は、

2010~2013年と、最低4年間は継続したことがわかりました。

こういう嫌な思いをたくさん経験すると、

「もう婚活とかいいから、とにかく静かに暮らしたい。」ってなるよね?

2013年もその方針だったんですが、

またまた穏やかとは程遠い事態に。

ため息が出てきます。

とにかく、海外は行くけどね。

海外、一度行って夢中になる人と、

「やっぱり日本が一番」と旅行は楽しむけど、海外には住みたくないタイプ

この2つのタイプがいるらしいけど、

ろーたすは、間違いなく、前者(純度100%で、前者)。
12:41  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'11.08 (Tue)

良好な関係を築けない人と仲良くなろうとする

母は精神的に幼い人だと思う。

そして、自らストレスを作る人たちとかかわろうとするところがある。

その最たるものが、母の親兄弟との関係だ。

母はやたらに親に(つまりは母の両親)に甘えたがるというか、

認められたがるというか、受け入れられたがるところがあった。

夫婦げんかして実家に帰れば入れてもらえず、「帰れ」と言われ(姉はOK)、

電話で帰っていいかと聞いても断られ、

自分の気持ちなんて何一つ反映してくれないような親なんだから、

いい加減あきらめればいいのに、それがわからないらしい。

親兄弟に何らかのリクエストをしては断られ、

その度にお酒に逃げてる母を目撃したことがよくあった。

父は母が実家で料理酒を飲んで飲んだくれているのを

「迎えに来るように。」呼び出されて、

「もっと従順な嫁になるように教育してくれ。」

と言われたのだそうだ。

というか、「従順な嫁になるように教育」するようには、

孫がいないときはいつも言われていたらしい。

そんなこともあって、

父は母の実家にいるときは、

子供たちと一緒にいるようにしていた。

そもそも、「教育」で何とかなる問題なのか?

違うと思うんだが。

かくして、母のアルコール依存症は、ガンガン悪化していったのでした。

母は未だに親兄弟に求めているものがあるようだ。

まあ、嫡子を可愛がりすぎている家だとは思うけどね。

困るのは親兄弟に何か求めて、拒絶されたとき(というかいつもそうなんだけど)、

私によくやつあたりが来ていたことだね。

酔っ払ってかなり嫌なことをいわれたなあ。

その一方で、

「どうして私は(親兄弟に)こんなに嫌われるの?(←特に姉について言っている)」とか言ってくる。

姉は母を嫌っているかもしれないが、

祖父は母を気に入っていたし、

祖母も自分にはないものを持っている母を気に入っていた。

問題は、

母の気持ちを全く考えない人たちだったこと。

祖父は母を手放さないために、母のやろうとしていることをすべてつぶしたりしていたし。

むかーしむかし、ろーたすは母に、

「あんたの気持ちが分かってもらえる日なんて来ないんだから、いい加減、目を覚ませ!」

「どんだけ自分の気持ちに応えてくれない人たちと不毛なやり取りを繰り返すんだ!?」

って言ったことがあります。

それでも実家との関係に固執する母、

絶縁に至ってもおかしくないことが、これまで多々あったと思いますけどね。

それでも母は実家に求めていた。

母の築いた家庭の人間の方がよっぽど母を大切にしていると思うんだが(今は長男だな)。

母にはそのことが分からないんだろうね。
13:34  |  母との思い出  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |