2016'12.09 (Fri)

阿川佐和子さん

最近、結婚話が出てきた阿川さん。

めでたい話なのはいいんだけど、

この人が以前話していた言葉がめちゃめちゃ印象に残ってます。

「私は父親が暴君だったから、『誰か優しい人と』と思っているうちにこの年になってしまった。」と。

本当に他人事に聞こえなかったんですよ。

そして、なにかめちゃくちゃ気持ちがわかる気がしてしまいました。

うちもいましたね、暴君(2人・・・かな?)。

一度家を出て、安全な暮らしができてしまうと、

「結婚後、あんな生活は二度としたくない。」っていう恐怖が強まって、

暴力要素ゼロの人を必死に探しちゃうようになってしまう。

しかもDVする人って、かくして分からないことも多いから、

そういう要素がないかめちゃくちゃ神経を尖らせてしまう自分がいる。

「阿川さんも、そういうところがあったのかもしれない。」と、

他人事とはとても思えずにいる、ろーたすなのでした。
スポンサーサイト
13:01  |  にんげんヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |