2016'12.20 (Tue)

イネーブラーの預金

カジノ法案が衆院を通過したみたいですね。

消費税増税できなかったから(G7でメルケルさん説得できなくて)、

代わりに国の収益をあげるために、作ろうとしてるんだろうなー、と思いつつも、

やっぱり心配はしてしまいます、どうなるのか。

ギャンブル依存症の克服方法の一つは、

依存症患者のしりぬぐいを周りの人間がしないこと。

なかなか難しいみたいだけど。

依存症患者自身はのお金がなくなることはもちろん、

周りの人間がしりぬぐいのためにお金を肩代わりしてしまう場合がほとんど。

(こういった人たちのことを、「イネーブラー」といいます。)

だから、周囲が尻拭いとかしないですむような状況にしてほしいな、と思ってます。

たとえば、病院で「ギャンブル依存症」と診断された人に

お金を貸すこと自体を違法にしてほしい。

そして罰則は罰金にして国庫収入にするとか、とにかく罰則をつけてほしい。

ギャンブル依存症患者が増えたら、どれだけイネーブラーの預金が失われるんだろうか?

個人的には、依存症者1人当たり1000万くらいは

周囲の人間が肩代わりするんじゃないかと思っています。

今回のカジノ法案で、100万人ギャンブル依存症患者が増えたとして、

100万×1000万=10億円

国の預金が消えてしまうことになるのかな。

それを上回る外貨を見越して建てるんだろうなって思うんだけど、

やっぱりギャンブル依存症患者を抱える家族とかの安心を引き出すような対策をしてほしいところだよね。

下手すると、国債のよりどころが損なわれるかも・・・。

ちなみに、貴闘力の元義父さんは、

1億円近くを肩代わりしたそうな。

そして、貴闘力さん、「義父が肩代わりしてくれる。」という安心感もあって、

ますますギャンブルにのめりこむことに・・・orz(←よくあるパターンらしい)。

大王製紙の元会長も、

「いざっていうときは、子会社に肩代わりさせればいいや♪」

と思ってギャンブルしていたのかもしれませんね(子会社を強制イネーブラー化、そして借金100億円ちかく)。

本当に依存症は周りを巻き込む病ですよね。

ギャンブル依存症患者は借金できなかったら、

とにかくお金がない
    ↓
ギャンブルできない
    ↓
借金じゃなければ周囲もお金ださない
    ↓
自分で働かざるを得なくなる

というふうになっていいんじゃないかと思います

(ギャンブル依存症患者の関係者ではないので、推測も入ってますが)。 

とにかく、家族であろうと、子会社であろうと、

「イネーブラーが肩代わりできない社会づくり。」

をしてほしいな、と切実に願っているろーたすです。
スポンサーサイト
12:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |