2017'01.23 (Mon)

天・地・人

先日、面白いエピソードを見つけました。

「王」という漢字の由来についてのエピソードです。

「本当かな?」という疑いが完全になくなったわけではないんですが、

すべての漢字のルーツが完全に解明されているわけでもないだろうから、

いつか誰かに漢字解説として教えてみるのも面白いかもしれない(←脳内でそんな機会があると思っているらしい)。

とはいえ、どの言語話者にとっても、そんなに難しい漢字じゃないと思うけれど。

そのエピソードによると、

「王」の

一番上の「一」は天を

中央の「一」は人を

下の「一」は地を表すのだとか。

天・地・人の「三」つを「1」つにまとめるものが「王」となるんだそうだ。

おもしろーい!!!

そういえば、「三」って、

中国語でも日本語でも「サン」って読むよね。

インドでも「三」は大切な数字みたいだし、

アジアでは「三」はとても大切な数字なんだろうね。

でも、シャムロックとかもあるし、

西洋でも大切なのかもしれないけれどね。

昔の中国のルールでは皇帝は天の加護を受けているんだったよね。

「天が荒れるのは皇帝の不徳によるもの」とみなされていたみたい。

それはまるで、

「ハリケーンカトリーナの襲来は、オバマ大統領の不徳の至り」

というのと同じくらい、理不尽な気がするけど、

天災っていうのは、それだけ治世者の求心力を低下させるものなんですね(今も昔も)。

だから、「王」という「人の上に立つもの」には

「天の加護、人の心、地の理」が揃ってなくてはいけないんでしょうね(そしてこの「天の加護」には運も入るんでしょうね)。

なんてことを書きたくなって書いているろーたすです。
スポンサーサイト
16:27  |  うるとらスペシャルどーでもいいこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.23 (Mon)

変わりました

初めてあそこに行ったときは、

好奇心をあらわに顔を覗き込んでくるママさんたちがいて、

子供たちのいないところに、いないところにと移動していましたが、

一昨年の秋ごろからそんなこともなくなりました。

とりあえず、ほっとしていることではあります。
16:07  |  良いこと  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.18 (Wed)

増えたこと

2010年以降増えたことのひとつに、

宗教勧誘を受ける数が増えたように感じます。

もちろん、複数の宗教団体から。

ふと思い出したので、

記録として書いておきたいと思います。
17:23  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.10 (Tue)

とにかく前進するぞ

治療の件について、

これまでは、費用は嵩んでも、

「ちゃんと相談に乗ってくれている。」「ちゃんと私の話を信じてくれている。」

と信じられる治療者に出会うことなく、

治療者探しジプシー状態でした。

本当にお金嵩みましたよ(泣)。

とにかく、医師の「事なかれ主義」感が、半端なかった。

某医師の

「医師が自己保身に走るのは当然です。」的な発言に

それが象徴されている気がします。

近場で問題なくお話しできる環境と言うのには、本当に程遠く、

海外も志向するようになったんだよね。

「午未さんから妨害されている感があるから、

留学してスクールカウンセラーにでも相談して、そこで紹介してもらおうか。」

とか考えたり(汗)。

というか、何もかも全部午未さん、乙丑さんが原因だっつーの!!!

何もかも自分らが全部悪い癖に、

人の日常生活を完全に変えてしまった上に、

私のその後まで妨害してまわり、

なおかつ何もかも私のせいにして、

それでいいと思っているあの感覚。

嘘の噂は、金銭的な出費もないし、

午未さんたちには、経済的損失はほとんどないだろうけどね。

私はうん十万出費しても、

安心してお話しできる治療者にも出会えてません。

今度こそは前進するけどね(7年目の正直)。

あと3年プラスしたら、

ティム・ロビンズと同じ10年になるね。

ここは刑務所ではないけれどね。

でも、少なくとも2015年前半までは、

蔑まれたりしたことあったし、

アンディの映像が、本当に他人事に思えずに感じられたんだ。

(そして所長が乙丑さんにダブって見えた)

"Get busy living, or get busy dying. That's gotdamn right."

とにかく、必死に前進します。
14:23  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.10 (Tue)

めも

備忘録として、学んだことを。

1.守秘義務違反→親告罪→罰金刑(ケースによって免許はく奪もあり得る)

2.診療報酬不正請求→非親告罪→懲役刑(かなり高い確率で、免許はく奪)

3.医師のとしての知識を悪用→刑法その他の法律に違反、etcの理由で免許はく奪例あり

気になったやつしか書いてないけど、

とにかく、3についてはどう見ても午未さんらは免許はく奪で良いと本当に思うんだが。

本気で本気であの人のせいで、本当に大変な目に遭ったわ。
14:04  |  メモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.05 (Thu)

ちょこっとびっくり

以前、海外のクリニックを受診する気まんまんのときのお話。

某家系をたどる番組の影響もあり、

ろーたすも自分の家系ヒストリーをたどろうとしたことがありました。

とりあえず、

それぞれの家系を江戸時代までさかのぼってみたら、

父方の祖父ーーー武士(と聞いているが、ここだけ裏が取れてない。ちなみに明治時代は僧侶)

父方の祖母ーーー農家

母方の祖父ーーー武士

母方の祖母ーーー農家

以上のようなことが判明。

一瞬、「『士農工商』ってこの時代にもあったかな?」

って思ったけど、まあ多分、たまたまだと思う。

ちなみに両カップルともに、太平洋戦争終結後に結婚してます。

そしてここまで調べてみてはじめて、

「文化の違いで(治療が)つまづく可能性」に気づく。

流派が一緒ならいいってものでもなさそうだな、と(滝汗)。

文化背景まで、どうやって説明するんだ、私!みたいな。

カウンセリングの時間が、日本史の講義になってしまうんじゃ、みたいな(なんてお財布に優しくない展開なんだ!!!)。

姓のルーツたどりも頓挫ちうですよ。

明らかにこの県発祥なのに、なかなかわからん。

古文書読んでる人にでも聞かなきゃ無理なのかなあ。
16:45  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.05 (Thu)

ナキナキの実

時々、自分が悪魔の実の能力者なんじゃないかと思うときがある(←冗談で言ってますよwww)。

能力はナキナキの実の「泣かせ人間」で、

私の半径5メートル以内の人もしくは私をみた人たちは、

瞬時に涙ぐむか、ネガティブホロウでも受けたかのように「ず~ん」ってなる能力(そして戦闘不能に陥る)。

2010年からずっと能力が発現し続けている模様。

午未さんに食べさせられていたのかっwww。

それにしても、

ここ数日は特に顕著ですね。

特にみなさん、涙ぐんでいるような・・・。
16:25  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'01.01 (Sun)

前進

やはり今年の抱負は前進ですね。

2016年は「病院に行きやすくなりたい。」みたいなことを書いたせいか、

体調を崩すことが多くて、

病院にかかることが多かったです。

まあ、幸いなことに

「薬のまなきゃ見捨てる。」的なトラウマ対応がなかったせいか、

そして多分、同大学同学部の関係者に会わずに済んだせいか(進んで避けてたけど)、

かなり気楽に病院通いできてたかもしれません。

敷居は低くなったかも(怪我の功名といやつでしょうか?)

さて、今後、どう『前進』していくんでしょうか?

2010年以降、中断になってしまっていることは、

1)外出への苦痛に支援をくれる治療者探し挫折

 「妄想だから。」「そんな苦痛は存在しない。」とかいわれるだけだったら行く意味かない気が・・・。

なにが一番怖いかっていうと、

理由が全く私に伝えられないところです。

そして治療者たちが詳しく話を聞こうともしないで、

「妄想だから。」と決めつけてかかるところです。

何か、そういう方向に行かせようとしているように思えてならないので、怖くてたまらなくなる。

この状況を作ったきっかけは、乙丑さん、午未さんだし、

彼らは本当に怖い人たちだし、

「彼らの行かせようとしている方向なんだったら、私の人生がめちゃくちゃになる。」と怖くて絶対に行くまいと決めていた。

得体の知れないことが起こっている、っていうことは、本当に不気味で恐ろしいものだと思う。

100%、私の人生なんて考えてないと思いますよ?

私のことを考えているように装っていても、

絶対に自分のためだけに言っている(それこそ、天地神明にかけて)。

もういっそ、そういうところ行くのはやめて、

「(人前で話す練習として)劇団にでも入ろうか。」とかすら考えてしまう、ろーたすです。

いやいや演劇を仕事にする気はないので、

劇団はちょっと間違ってますね(笑)。

この方面の前進はどうなるのか?

ろーたすの人生、予想外のことだらけです。

2)癸巳年の海外生活頓挫

「情緒不安定だから、留学辞めてほしいんだけど。」的なことを言うんだったら、

最初っからC国に行かせるなっつーの。

といった展開でしたが、

海外行きは未だにあきらめたわけではありませぬ。

1)2)共に午未さん、乙丑さんが暗躍していたのなら、

日本企業にお世話になるべきではない、と考えて、なにからなにまで全部自分でしなくては!!!

な感じでしたが、

予想外に長くかかりましたね。

妨害、ありそうでしたしねー。

あれからもう6年ですか。

一生私を自分の管理下に置くつもりだったんだろうなーって思います。

おかげさまで、治療もなにもあったもんじゃない6年だった気がします。

やっぱり、壬辰年にユング系のところに行ってみるべきだったんでしょうか。

午未さんらは、なにか医師たちに手をまわして

自分らの都合のいいような診断させかねない人たちだったので(ほんまに怖かったよ?)、

ちょっとでもかかった治療者に不信感が生じたら、

すぐに受診をやめることを繰り返してしまいました。

何か、私の話を信じてくれてないとも感じてたし。

とにかく、

この2分野は確実に前進したいろーたすです。

普通なら、何の問題もなく両方とも達成できてることだと思いますけれどね。

海外行きも、午未さんらが本当にやってほしくないことに思えます。

それこそ海外に行くべきですね。

たとえ午未さんから、「命の危険がある。」と脅されても、行く価値は、ある。

今年はこの「八方塞がり感」、「閉塞感」打破の一年にしていこうと思います。
13:28  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |