2017'02.28 (Tue)

stigma

おそらく、やってもいないことをしたことにされて、

大学内部(特に私のいたキャンパス内)ではまるで罪人のような位置づけで

逃げるように出て行ったろーたすですが(逃げ出すのも大変だった)、

この一連の午未・乙丑さんコンビの所業。

彼らの犯罪染みた(つーか副産物として、いくつか刑法に違反してそう)行動があっても、

私が彼らに反逆したような形で逃げたことで、

私は彼らにとっては処罰の対象のようなものでした。

彼らにとって、私の名誉を汚すことは、

彼らの権力基盤を強化するのに重要であったと感じます。

この、「大学側に刃向かった。」という負の烙印(stigma)が今後どれだけ私の人生に影を落とすのか、

何度も何度も考えてしまいました。

この業界における、彼らの影響力は本当に強大なものと感じました。

C国に行くときも、

本当は一緒に行くメンバーの一人と聞いていたお医者さんが来なかったことも、

午未さんや乙丑さんの問題に巻き込まれたくなかったからではないか、とか。

少なくとも同業で働いて行けば、

あたかも罪人か何かのように白い目で見られる場面に、

今後も何度も遭遇しなくてはならなくなるだろうと感じました。

だって、あれですよ?

鬱で部活を幽霊部員化→辞めるをやってしまったら、

その後13年間、

その部員のOBの集まる科では、かなり敵意を感じる扱いを受けるようなところですよ?。

その部活でいじめられていた人が、その科に入ろうとしても、

「入れないから」と言われて入れてもらえなかったので、

きっと私が希望をだした場合は、入れてもらえなかったでしょう。

この学部では、部活を無断でやめることは決してやってはいけないことなのです。

そういうルール。

もうひとつ、この学部にはルールがあります。

「どれだけ先輩が間違ったことをしていても、先輩に逆らってはならない。」

そのルールを守り、午未さんたちの嘘を盲信する人たちが私に辛く当ってくることはまちがいないと感じていました。

思えば、この学部の黎明期を形作ったのは乙丑、午未さんらですね。

乙丑さんは第1期生、午未さんは10期生、

上記のルールは彼らが学生のころぐらいから作られていったものなのでしょう。

迎え入れた教授の大学由来のルールか、他の学部を意識して作ったのか、それらとはまったく別の理由からなのか、

ルールを作った当初の目的ははっきりとは知りませんが、

そのルールで築いてきた王国のようなところが、彼らのいたところなのでしょう。

乙丑さんは20年近く、強力な権力あるポストにいましたし(私の入学したときぐらいからキョージュをしていたし)。

午未さんの悪だくみと、乙丑さんの根回し力、この2つで私はずっと絡め取られていたのでしょう。

少なくとも彼らがいる限り、

私が同業の業界で辛い目に遭わないことはないと感じています。

さらに、鬱の既往も言いふらされてしまっているし、

ほとんど技術の身につかないところでバイトしていたので、

1から身につけなくてはいけないところを、

1つドジを踏めばすぐに「鬱のせいではないか。」とまるで一挙手一投足みられているような状況で働かなくてはならない。

そんな風に働くことを想像しただけで正直、怖くて仕方ありません。

「こんな仕事、まだしたいの?」と実はカウンセラーから言われたことがありました。

本音では、もうこんな仕事はやりたくない。

部活をやめたことで13年も平気で冷遇し続ける人たちのいるところです。

きっとこの件で、すっと嫌な思いをし続けるものだと思います。

業界全体の発展性がなく

閉塞感漂うせいか、

メンタルヘルスの悪い人も多い。

とにかく、体制側に不利なことをする私はそれだけで「悪」なんです。
スポンサーサイト
13:26  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.23 (Thu)

母との会話

訳あって、

母と話すことになり、

仕事についての話になりました。

それで、母に聞いてみました。

「もしも、うつ病になったことがある人が働いているって、

ものすごく噂になっているところがあったら、

お母さん行く?」

母「それは………。」

この7年間、

この話題について相談できるところがどこにも見つからなかった。

本当に悔しくてなりません。
13:18  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.22 (Wed)

テーマは人身売買!?

むかしむかし、

ジェレミーブレッドが

「僕は彼の膝を大いに観察してやった!!。」って言ったとき、

「私もこんな観察力ほしい!!。」って思ったんだけど。

割と観察力はある方だと2010年ごろ、判明した。

自分って意外に分からないもんだよね。

そんなろーたすはもちろんホームズ好き。

「名探偵ホームズ」も大好きでした。

訳あって数話しか観てないけど、

本当に大好きでした。

そんな、「名探偵ホームズ」のお話の一つが、

以前、主題歌のアニメーションに収録されてyoutubeにアップされていました。

記憶違いもあるかもしれないけれど、そのお話の内容は次の通り。

ある日、青い風船が飛んで来て、

その風船には「助けて!」といった内容のメッセージが添えられていました。

ホームズ、なんか2~3日ごそごそ。

そしてなんとその風船とメモだけで、

その手紙はさらわれた子供たちのものなのだと特定(流石ホームズ)。

そして、収容されている場所も特定してしまう。

さらに、レストレード警部に協力を仰ぎ、

スコットランドヤードを動員して、子供たち救出に動き出す(流石ホームス)。

そして、(多分人身売買のために?)子供たちをさらったのはモリアーティ(やっぱりありとあらゆる犯罪に関係しているんだね)。

警察よりも先に敵のアジトに着いたホームズ、

水車(?)のついた船に子供たちを乗せてアジトから脱出。

その船でレストレード警部の乗ってる桟橋を飛び越える(だからあのシーンでは、子犬たちがたくさん船に乗ってる)

そして無事に子供たちを親に引き合わせたホームズ、

「さあ、良い子のみんな、ホームズのおじちゃんはいつでも助けに来れるわけじゃないから、知らない人たちについて言っちゃだめだぞ?」

子供たち「はーい!!!。」

みたいなやりとりでおわり。

これを観たとき

「子供なんてさらってなんの役に立つって言うんだろう?」って思ったんだけど、

あるね、恐ろしいほどの需要が(おぞましい内容で)。

以前、この県の大学生で「ミャンマーに学校を作る。」とか言っていた人は、

本当は人身売買とかの被害を防ぐために学校を作ろうとしていたのかな?と今では思う。

以前は分からなかったけれど、VOAとか読んでいて、

「学校が子供の安否確認に非常に有効」みたいな記事を見つけたので。

いずれにしても、宮崎駿さんのあの「ホームズ」のお話のテーマは「人身売買」だったんじゃないかなって思います。

だとしたら、相当に難しい問題だよね。

ミャンマーは今も復興していないとか。

だとしたら、今もあるんでしょうか、人さらい。あの地域で・・・。

なんかこう、そういうことについて、無性に書きたくなったろーたすです。

この主題歌大好きなんですけど、

聴くたびになんか思い出すんですよ(さらわれた子供とかミャンマーのエピソードが)。

相変わらず、書きたいように書いてますけどね(苦笑)。
14:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.12 (Sun)

流れ

2010年  日常生活ががらりと変わってしまう。

2012年  「年数も経ったし、海外だったら…。」と海外行ってみて、ショック。

2013年  C国に行ってみる。なんか、年々周囲の関心が高まっているように感じて、

       「時間による風化はなさそうだ。」という感覚が強まっていく。

2014年  用事で国内の都市圏へ、やはり関心は低くなっている気配はゼロ。

       メイクさんらに「まだ若いんだから、結婚あきらめないで。」

       みたいな感じでめちゃくちゃ励まされる。

2015年  この年の後半から、急激にからかいや冷やかしのようなものがなくなる。

2016年  入院するも、恐怖体験はなし。

      (同じ大学の出身者から、かなり屈辱的な待遇を受けると半ば覚悟していた。

       大学内部で相当ひどいめに遭ったし)

以上が去年までの流れ。

からかいなどはほとんどなくなったけれど、

それでもプライバシーがないことへの恐怖はあり、

やはり健康診断とかいけてない。

2011年当初の予定だった

「社会の関心が薄れてきたら、自分の出身大学から遠く離れたところで就職する。」と言う予定は、

社会の関心が薄れる気配がないことで頓挫してる。

関心が薄れていないことの最大のデメリットは、うつ病の既往が知れ渡っていること。

まあ、あのときあんなにインシデント起こした自分にもびっくりなんだけど、

お客さんからは、未熟さとかも、すべてうつ病と結び付けられて解釈されるのだと分かった。

世間の関心が薄まるのをずっと待ち続けていたんだが、その気配がない。

きっと午未さんが未だに暴れているんだろうな。

今年天中殺だし。

ヤバい秘密がばれまくりなんじゃないかな。

そして午未さんのことだから、

絶対「潔く退く」なんてやらないだろう。

「負けるときは周りの人たち全員道連れにする」ぐらいの勢いで、きっと大暴れしているんだろう。

社会的に死刑宣告を受ける(つまり何かの犯罪で捕まる)か、大きな病気でも発病しない限り、

絶対に退かないつもりだろう。

そして、午未さんの次は、乙丑さんの天中殺。

当分、収束はないと解釈すべきかもしれないな。

ていうか、G大学病院の一件と言い、大学の自浄作用はどうなってるんだ!?

改めて、教授の権力の大きさと、

それによる悪事がいかに野放しにされるのかということに、

驚愕しています。
11:24  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.11 (Sat)

本日はいつにもまして…

7年前から、

日常ががらりと変わってしまったろーたすです。

その変化の一つに、

「乗車したバスや電車が葬儀場のような雰囲気になってしまった。」というのがあります(日本国内、どこでも)。

のれば必ず鼻をすする音と、涙で充血したまなざしに出会います(ほぼ100%)。

それだけじゃなくて、

好奇心で顔を覗き込む人、妙に怖がってくる人などなどもいましたが、最近はあまり見ませんね。

それにしても今日は、いつにも増して同情の視線が強いですね。

なんとなく、先週ともまた違った感じのような気がします。

理由は、まあだいたい予想はつきますが。

いつももて余してしまうしんどさです。

相談できる人は誰もいないけれど、

強いて言うなら、

がん患者さんたちが、

「前向きにやろうとしているのに、

ものすごく悲壮に扱われるのが悔しい。」というのにも近い気がします。

でも、それだけでもないけどね。

もうここの医師が守秘義務を保障してきてもまず信じられないし、

特に産婦人科受診は、本当に怖い。

やっぱりここではない遠くに住むことに、

思いを馳せてしまうろーたすなのでした。

とはいえ、日本国中、乗った車両が「霊柩車か!!!」って感じに

「ず~ん。」っていう重苦しい雰囲気に包まれ続けるんだけどね。
15:56  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |