2017'07.24 (Mon)

良かったこと

あのハラスメントを受けて良かったこと
・「嫌だ、やりたくない。」という主張が、生まれて初めて通る
→母から殴られることすら、「嫌だ」といっても通らない、結局母のサンドバッグ役を担わされるこの家で、生まれて初めて「もうこんな仕事やりたくない。」という主張が通る。
地元で働いても何らかの形で圧力をかけてくる可能性が十分に考えられ、人のことを道具程度にしか考えてない午未さんらなら、また大学並のひどい目にあう可能性も十分に考えられたからだ。
考えただけで、目の前が真っ暗になった。
大学入学してから、
鬱になったり、
それもあって幽霊部員みたいになったり、
それで先輩にめちゃくちゃ目の敵にされて、
この部活のOBが集まる科に行くのがすごく怖かったりして。
鬱になったことで対人関係も結構壊れたし。
でもまあ頑張ったら、
少しは自分で積み重ねて、
自分なりに居場所を作れると思ってたんですよ。
でも、2010年になって、
本当にいろいろあって。
「もうそもそもこの業界に、最初から自分の居場所なんてなかったんじゃないか。」って思えて仕方なくなって。
私の対応に非がなかった、
なんてことは全くないけれど、
けれど、努力して来なかった訳じゃないのに、
全部、私の努力と関係無いところで人生が壊れてく。
「うちは精神疾患の既往がある人間は雇わないから。」
堂々と言ってくる同業者がいる。
もちろん、バイトも雇わない。
すごく、差別的な陰口もよく聞く。
じゃあ、鬱になったのは私のせいなのか?
どうして、こんな不利なことが知れ渡らなくてはならなかったんだろう。
失ったものが、あまりにも大きすぎると感じた。
未来が何も思い描けない。

その後、
ストレスで吐き気とかしだして(普通に、好きなミルクティーとか飲んでるときに、「うぇ」っと)、
小さな会計の資格とった合格の日に、
吐き気が止まった。
父が本格的に別の道を行かせることを考え始めたのは、
たぶんこの頃ぐらいからだろう。
「別の業界で生きていけるかも。」っていう気持ちで、たぶん止まったんだろう。
スポンサーサイト
15:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

できたことと、できなかったこと

どうすることもできなかったこと2011年
・医療機関を受診する上で、事実上、守秘義務が完全に崩壊してしまった中、受診しなくてはいけなかったこと
・私の受診内容と午未さんらの嘘から、
住民が勝手にあれこれ推測し、私に評価を下すこと
・私をからかおうという人間を完全に避けられなかったこと
・好ましくない人物にまで、私のセンシティブな医療情報が伝わってしまう状況
・自分の感じている苦痛を、医療機関にもまともにとりあってもらえない状況
・医師やセラピストが私の苦痛軽減よりも、自己保身に走る状況
・主治医に頭下げられたけど、10年以上続いたケアを、中断せざるを得ない状況に追い込まれたこと(いろんな意味でメンテナンスどころの騒ぎじゃなく、無茶苦茶)




できると思えた改善策
・ここを離れる
→留学を希望するものの、断られる。
乙丑さんらの関与を強く疑った私は、
独学で日本企業を介さずに行こうと画策を。
時間がめちゃくちゃかかってすごいことに。
とりあえず、「留学仲介業者の守秘義務は完全に守られる」という言葉は決して信じなくなりました。
そんなことはない。
そして、「言った。言わない。」の問題に発展するような案件だったので(私の場合は)、
ICレコーダーの大切さを、痛感するようになりました。
12:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

どんな噂だったかを検証してみる

事実とは違う噂が流れていたらしい。
その頃の反応を列挙してみると、

大学のあった都市部
・自転車にイタズラで穴を空けられる頻度と、
穴の数が増えた
・若い男性にやたら怖がられ、避けられた

その後、越した地方都市
・その家では20年近くなかったのだが、
自転車のタイヤを、
横から釘か何かでパンクさせられることが、
数ヶ月おきくらいの頻度で起こる
・小学生、若い男性等から、指を指されて笑われることが、結構あった
・年配の女性(60歳以上)から、軽蔑か嫌悪とも取れる対応を受けた
・近所の大学生を始め、やはり好奇の視線の的に
・年配の女性(60歳以上)に、「結婚したい」というと、無理だと思うのか決して話題にのってもら得なかった。
→2年前ぐらいから、「結婚したら」とかいわれだす。少なくとも3年前は「結婚無理」と思うような噂が流れていたようだ。
・顔を覗かれて「はっ」と笑われることはほぼ外出の度にあった。
・試験で隣の件まで行ったときは、
女性からのぞきこまれ、「私の方が美人だわ」と言わんばかりに、意気揚々とされたことがある
・夜間に、スマホのカメラを向けられた状態で、後ろから複数の男性についてこられたことがある
・「写メ撮られたんじゃないか」って瞬間が何回か

海外(北米、ヨーロッパ)
・観光客のせいもあったのか、
差別は受けず。
その代わり、男性陣から顔のぞきこまれることは多々あり。
やはし、失望が顔に浮かんでますた。
・女性からやっぱり品定めされた。
・s国では、「海外ロケ中の芸能人ってこんな感じなのかも」っていう気持ちを味わった。このとき、もしかしたら写メ撮られたかも。

以上のことから、
やはり「美人である」という噂はたっていたのかな?
だとしたら、
午未さんがとっとと私を処分(結婚という名の処分)するために流したデマですわ。
後は、都市部や欧米ではさして問題視されない、
でも、地方では年配の女性から軽蔑され、
子供や男性陣からからかいの対象になる程度には
馬鹿げた、性風紀を乱すようなことをした、という噂が流れたのかな?

だとしたら、何故に皆このことに対して口を閉ざすのか。
午未さんは私に噂を知らせないために(つまり自分の嘘がばれないために)
何かひとつ、さらに何かやったとしか思えないんだが。

とにかく、得体が知れなくて気持ち悪くて。

あと、人目が気になる点について
C国にて、
ようやく「人目が気になる」点についてセラピーで「相談していい」と言われる。
こんな手順を必要とすること自体、
すでに異常なんだろうけど。

その人とは、大阪でセラピーを受ける予定だった。
「やっとこの件について相談できる。」と心底安堵して帰国したものの、
C国の業者と連絡がとれなくなる。
確か、C国で受けられなかったセラピーの分も料金を大阪に回すって話だったんだが。
C国の業者は、全て全く応答なしになってしまった。

やっぱり乙丑さんたちが何かしたのかな。
午未さんはあまり交渉上手じゃないから、
あのコンビでは乙丑さんが交渉を持ちかけたんじゃないかな(上手いし)。
09:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.24 (Mon)

減ってはいる。

9対1か、95対5か、
やはり好奇心や面白がっているのは、いる。
この1が0になることは、まずないと思う。
そういう人もいるのだ。
もちろん、数年前に比べたらずいぶん違う。
小学生や若い男性に指を指されて笑われることはなくなったし、
定期的に自転車が釘か何かでパンクさせられていることもなくなった。
それは有難いんだけど、
やっぱり精神的に消耗する。

以前、「妄想かも知れませんね。」など、
言われたことを含めて、
投薬が提案されたことも、何度かある。
このような状態になった原因に関しては、
話すことも含め、全くアプローチできないため、
投薬という対症療法しかないと言うことだと思う。

けれど、拒否。
私の投薬内容はすべて筒抜けになっているので、
それに伴う差別が怖かったし、
原因の方にアプローチしなければ、
下手をすればずっと薬と縁が切れなくなり、
それこそ仕事どころではなくなる。
そして何より、
私が投薬治療を受ければ午未さんらが喜んでその状況を利用するだろう。
自分らの都合のいいように。

そんな訳で、
(ここではまず無理だろうけど)
どうも事実と違う噂が流れているみたいだから、
噂が風化するのをずっと待っているんだが、
風化する気配すらない。
何か新しい事件でも起きてるんだろうか。
今は午未さんの天中殺だから、
秘密がばれているのかな?
でも、だとしたら、
あと3年は騒がしいかも。
来年から2年間は乙丑さんの天中殺だし。
戌亥天中殺は来年の半ばから本格的に現象が出てくるらしい。
特に戌年は未、戌、丑で庫気刑、官僚との争い。
あー、ありそう。
回ってくるのは財の星
猪瀬知事は財の星が回る天中殺で、
収賄が明らかになったんだっけ。
お金がらみの天中殺現象。

なんて、占い頼みなろーたすです。
でも、医療機関での自分の話が
その都度町中の噂になったら、
怖くて病院なんて行けなくなるよ。
そして無いことにされるのは、
本当に傷つくね。
けれど、それでも、この現象がなくならない。
特にここは同じ噂が30年以上続くしね。
それが現実。
08:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.18 (Tue)

カルテが要る

長男の最近の動向で不安になっているのは、
長男は「私に母の世話を押し付ける気マンマンなんじゃないか。」ということ。
先日の、まるで私のせいで養子にいくかのような文面をみても、
「その可能性は非常に高い」
と不安を募らせている。
いざ、私のキャパを超えた負担がかかったとき、
彼は頼りになるだろうか?
まずならないだろう。
先日の文面をみても、
24歳のときのことを考えても、
27,8のときに
「頭おかしいから、死んでよ。」
って言われたことを考えても、
恥と感じられこそすれ、
思いやられることは、まずないだろう。

そんな訳で、
最終的に
「自分のメンタルは自分で守らなくては」
ということになる。
家庭裁判所に
虐待の証拠を提出できるようにしておいて、
いざというときには
手続きできるようにしておく。

父は自分が母の世話を
何もかもする覚悟みたいだけど、
先のことは何も分からない。

そのためには、証拠のひとつとして、
長年お世話になった主治医とのカルテが必要だ。
以前、電話で確認したとき、
「ずっと廃棄せずにとっています。」
とのことだったけど、今でもあるんだろうか。
「確認した方がいい。」
とも言われたし、近々確認しないとな。

ここで、
もうひとつ心配事が浮上してしまう。
午未さんと乙丑さんだ。
「もしも彼らが、カルテをいじっていたらどうしよう。」
という怖さにかられるのだ。
ああ、どうして
最後の拠り所になるはずのところに
あんなことをされなくちゃならなかったんだ。
11:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.17 (Mon)

蒼の王

長男が生まれたとき、
母は長男にメロメロだった。
それを見たとき、
父は思ったんだそうだ。
「ああ、やっと母性が目覚めてくれた。」
私のときは、
母性の欠片も感じられなかったらしい。
そんな訳で、
長男への母の育児に、全く口出ししなかった父。
「せっかく目覚めたのにいちいち口を出したら可哀想だ。」
と思ったらしい。
そんな感じに母の長男への育児は続いていく。

一方、私について母は、
「なんか変な生き物がいる、って感じだった。」
と言っていた。
「なんかよくわからんからつねってみたら、泣いた。」みたいなことも、言っていた。
後に私はある漫画のワンシーンで、
この言葉を思い出す。
BASARAと言う漫画で、
白の王が、
まだ幼い蒼の王のほっぺをつねって泣かせるシーンである。

そういえば、数ヶ月前母は
「あんたは私が寝ているときに、お父さんにレイプされてできた子どもや。」
って空港の搭乗口付近で、
大声で私に言っていたな。

そう思い至って、
顔からサーっと血の気が引きました。

母親の望まない妊娠
長女

この2つの虐待を受けやすい条件が揃っていたのもまた私なのでした。

本当に、
「母性神話って、何それ?」
というのが私の実感です。
09:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.17 (Mon)

リン

「フルバのキャラで誰がいちぱん好きか」と言われたら、
たぶんリンだと思う。
フルバを読み始めたのは確か、
24歳以降だと思うのだけど、
リンの
「もう初めから、取り返しなんてつかなかったの?」
「私が生まれてきたことがいけなかったの?」
「そんな風に アタシの家は 終わった。」
こういったセリフが、
私の胸に染み込んできて、
「ああ、あのとき私が感じたのは、
まさにこのことだったんだ。」
とたくさん腑に落ちた。
24歳の件で大きなショックを受けていた私は、
正にリンモードの考えを繰り返してた。
なので、リンのお話は、
私が自分の考えを整理する大きな助けになった。

そんな訳で、
私は生家との関係は、
ずっと24歳で終わったと思っていた。
こんな風になってしまうなんて、
本当に想像すらしていなかった。

24歳のとき、
自分でもなぜやらなかったのか不思議なことがある。
自分で救急車を呼ぶことである。
あのとき、自分で救急車を呼んで、
何があったのかを自分で病院で説明していたなら、
狭い世間なので、
母が私にやっていることを周囲が知ることになり、
私はもう少し、
平和で安全な生活ができていたのではないかと時々思うのだ。

もしも私みたいに、
殴られたり「死ね」と言われたり、
死にたくなるぐらい辛いことをたくさんされている人がいたら、
覚えていてほしい。
「外に助けを求めなさい。」
相手は、
「あなたが悪いから殴るんだ。」
と言ってくるかも知れない。
でも、あなたがいい子になって、
相手がこっちを思いやるようになることなんて、
絶対にない。
むしろ、
「余計なことはするな」
と殴られたり、脅されるようなことがあっても、
他人に家のことを話しなさい。
家の中で、貴女への暴力は、解決されない。
よい子になっても、
決して満足しない親のエスカレートする欲求に
応えさせられ、疲れ果ててしまうのが関の山。

むしろ、精神的にも肉体的にも離れた方がいい。
なぜなら、
貴女に生きる力を与えてくれる人も考え方も
この家の外にあるから。
中では傷ついて消耗していくだけだから。

とはいえ、
「大学にいかせてもらってるし。」とか、
いろいろ引け目があるだろうけど。
でもそれでも、
嫌で嫌で仕方がないことを、
嫌だと言うくらいの自由もないのは、
おかしいんだ。

リンの言葉で言えば、
「ホントの幸せは、もっと広い世界にあるんだよ。」
本当に、家から離れた広い考え方は大事だと思う。
08:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.16 (Sun)

人と行動を共にするのは気が進まない

だーれにも話せない話。
「人目が気になる。」って言ったら、
「妄想よ。」
と言われたことがあったー。

とはいえ、
同行している人が、
人目にびびって離れて行ったように見えたシーンにこれまで何度も遭遇した。
どうも怖くて仕方ないように見える。
怖いよね?
一瞬でどこの誰かかも割り出されてしまうかも知れない。
下手に長く同行して、
顔も覚えられたら、プライバシーが侵害されて、
これまで通りに静かに暮らせなくなってしまうかも知れない。
そういう恐怖が彼らを襲うんだと思う。

私だって怖くて、
こんな日々が終わるのをどこかで心待ちにしている。
そんな訳で、
人と同行するのは気が引ける。
友達とかにも、
かなりストレスをかけてしまっていると感じる。
まるで自分が、
プライバシーのなくなる病原菌でも持っているかのように感じたこともある。
「ひとりでいるのが楽」なのも、
そう言った、
「存在しない」とされるストレスを感じて、
ひとり苦しむのが嫌だからなのだろう。
不可能だとはわかっているけれど、
2009年以前に戻りたくて仕方がなくなるときがある。

午未さんのもくろみ通りなら、
私は死ぬまで、
この苦しみを本当の意味で相談できることなく、
生きなくてはいけない展開になるのだろう。

しかし、午未さんは一体何を考えてたんだ?
あまりにも浅はかな判断で何かをやったとしか思えないんだが。
午未さんは少なくとも、私を結婚させようとしていた。
すべてが裏目に出たけどね。
私と強制的に結婚させられることを恐れて、
びびって男性は私に近づかなくなったよ。
帰郷してからも、
まるで見世物のような状況。
婚カツなんてしようものなら、
失笑すら買ったかもしれない。
指を指されて笑われたことも、
一度や二度じゃない。
プライバシーの問題も、
対人関係を築く上で暗い影を落としていると思う。
現状に適応するにしても、
8年たった今でもまだその糸口を見いだせずにいるよ。
マジで結婚させたいなら、
もうちょっと考えて行動すべきだと思うけとな。
まあ、結婚させて私を処分してしまおうとしたそもそもの動機がむちゃくちゃ過ぎたんだけどね。
22:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.16 (Sun)

煉さん

男として育てられることになったアキト。
そうしないと煉さんが暴れて大変だったらしい。
うちの母も、暴れたなあ。
私が体重計にのるのが嫌で拒否しても、
ぎゃあぎゃあ言ったり、暴れたりして困るからって、
父とかから、母の言うことを聞くように言われてしまう。
本当に嫌で嫌で仕方がなかった。
(そしてその状況が私がうつ病になった後も続く。)
「暴れて周りを思い通りにする人種ってやっぱりいるんだなあ。」
とフルバを読んで、しみじみ思った。
私と母の関係も、
煉さんとアキトに負けず劣らずぐちゃぐちゃですわ(苦笑)。
はあ、遠くに離れてたくて仕方がない。
19:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.16 (Sun)

最初から決まってた。

母にとっては、
長男は無条件に良い子、素晴らしい子で、
私は、無条件に悪い子、駄目な子だったのではないかと思う。
よく母は私と長男を比較したが、
努力のしようがないところで、
よくいろいろしつこく言われていた。
例えば、母はよく、
「○○○は夜中に何度も起きてミルクをあげなくてはいけなかったから、本当に大変だったわ。
長男は寝る前に母乳をあげたら、朝まで寝てていい子だった。」
と言っていた。
かなり繰り返し言っていたので、
「迷惑をかけたんだな。」と思っていた。
けれど、ここでも捏造が発覚。
父曰く、
「夜の1時か2時ぐらいにミルクをちゃんと飲ませたら、
朝までちゃんと寝てたよ。」
実は私の夜間授乳の大部分をやったのは、父だ。
母は一度起きると寝れないため、
父を叩き起こしていたのだ。
なので自然と父が私を授乳するようになり、
翌朝、仕事に行ってた。
だから、父の言うことが本当だろう。
そしてたぶん、
私の授乳期間の8~9割の夜間授乳は、
父がやっていただろう。
それなのに、どうしてあんなにしつこく言う必要があったんだろうか?
父にさせたんだから、それでいいじゃないか。
私のことを「駄目だ」というのが好きだったとしか思えないんだが。
お酒が入ったときも酷かったけど、
お酒が入ってないときも、
母との話の関係で笑ったら、
「あんたは本当に陰険で残忍な笑い方するね。」
「あんたは本当は、陰険な人間なんや。」とか、
とにかく昔から、
悪く悪く解釈されたり言われたりした気がします。
それはあたかも、
フルバのアキトの言葉の如くドス黒く。
反抗すると後でもっとひどい目にあうこともあり、
私も物のけ憑きみたいに逆らえなかったりしたのでした。
「死ね。」と言ってくることに対しても、
「あんたのせいで、私が人間関係で苦労するんや。責任をとって、死ね。」
というのが全文だけど、
よくよく話聞いてみたら、
私のせいじゃなくて自分の責任だろ!
って感じでした。
都合の悪いことは全部私のせいなんだろうか?
だから、もしも母が何か病気になったら、
それも私のせいにされそうだから
そんな母には近づきたくない私です。
15:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.12 (Wed)

無駄だった精神分析

かつて主治医と、こんな話をしたことがある。
「母は私を産んだ日に、
ふと○○○(ろーたすの実名)と頭に浮かんで、
私の名前を決めたみたいです。」
それに対して、主治医
「初めて名前をみたとき、
『いい名前だなぁ』と思ったんだよね。
きっとお母さんは、幸せになりたくて貴女にこの名前をつけたんじゃないかな?」
私「そうですかね。」
みたいな話をした。

しかし、数年前、オドロキの事実が発覚!
私が上記の話を父にしたところ、父が
「○○○って名前をつけたのは僕だからなぁ。
元気そうな名前だったし。」
とかって言ってきた!!!!!
ええええええええΣ(-□-)!
私「えっ?嘘でしょ?
私ずっと母さんからそう言われ続けて、
ずっとそうだって思って生きてきたんだよ?」
父「いや、違う。僕がつけた。」
…母は記憶を捏造する人だからね。
こういうことはこれまで何度かあったんだけど、
でもまさか、
命名がらみのエピソードまで捏造するとは思ってもみなかったさ。
3X年間生きてきて初めて知った、
衝撃の真実でございました。
そしてあの精神分析療法は、
これまでの人生でもっとも無駄な回になってしまいましたとさ☆

主治医と共有した、
あの平和ムードは一体なんだったんだ!!!!!
07:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'07.04 (Tue)

教えておけば、結果が「変わった」って訳ではないかも知れないけど…

小林麻央さんが亡くなりました。
正直、苦しくて彼女のブログは2~3記事しか読んでませんでした。
けれど先日、
「医療過誤が原因で彼女は命を落とした。」という話が気になって、
ブログを読んでみました。
結局、ブログを読んだだけではよくわからなかったのですが、
彼女のブログに、
「インベーダーゲームで敵を倒しまくる夢を見て、生きる希望が持てました。」
という文章が。
「これは、ギャレット・ポーターさんの話なんだろうなあ…。」
「本も出てるみたいし、教えてあげればよかったかな。」
「イメージ療法教えたところも、知ってるし。っていうか、一時期行こうとしてたところだし。」
夢を見たっていうよりも、
イメージ療法ですね。
彼のイメージ療法には自己催眠を使ってたけど、
「自己催眠=眠っている状態に近い=夢を見た」って解釈になったのかもしれない。
彼女があの時点で知ってれば、
何かが変わったって確証できる訳ではないけれど、
やっぱり「生きているうちに、ブログを見て、教えてあげられればよったな。」
と心苦しい思いを感じています。
14:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |