2016'06.15 (Wed)

6年前と比べて改善したことと今後の目標

6年前と比べて改善したことは、

1.顔を覗きこまれることがなくなった。

2.自転車をパンクさせられることがなくなった(真横から、釘か何かで刺されたケースがなくなった)

3.(ときに指をさされて)笑われることがなくなった(特に若い男性から。よほど性に奔放な女性と思われていたんでしょう)。

4.妙な男性から怖い思いをさせられることがなくなった(面識はない人たち)。

5.嫌悪感を持った目で見られることがなくなった(特に60代以降の年配の女性)。

6.「結婚なんてもう無理でしょ?」というリアクションを受けることがなくなった(特に60代以降の年配の女性。そして地元でのみ、都会では受けなかったリアクション)。

上記のうち、2は比較的早いうちに改善しましたが(2012年ぐらいまでに)、4も2014年にはたぶんなくなりました。

1,3は完全になくなったと感じたのはここ一年くらいです。

今年が午未月さんの天中殺で、

天中殺現象は天中殺年の約半年前ぐらいから出てくることが多いみたいだから。

天中殺現象「秘密がばれる」が発動したのかもしれませんね(←真実に触れられる手段がないから、占いを頼りにしてしまう)。

それはさておき、

やはり目標は

悲願である

「安心して病院にいける環境を獲得する。」です。

小林麻央さんがあんなことになってしまって、

健康診断の重要性を痛感しています。

ですが、

やはり婦人科は受診するハードルが非常に高いところです。

受診内容が地元の人に「共有化」される状況は、想像しただけでも身がすくみます。

これまで、何度が体調不良で病院を受診したことがありますが、

受診したあとにいろいろ辛い思いして気分が落ち込んだ方が深刻だったこともありました。

一番ひどかったのが、2カ月間くらい「もうこんな苦しい思いばかりしてまで生きていたくない。」とかなりネガティブな方に気持ちが傾いたことでした。

物事もしばらく手につかなかったです。

でも、地元の医者を完全に信用できなくなっていたので、

誰にも言わず、自力で何とかするしかありませんでした。

でも、毎回同じ状況に置かれても必ず帰ってこれるかと言えば、

自信がないです。

地元の人間の中には、

こういうことをすることをまったく悪く思ってない風な人たちも多数いました。

田舎だから、性風俗にだらしないと評判の女に情け容赦ないのかもしれない。

しかも人の目が気になるとかこういった人々のリアクションについては、

全く誰も耳を貸そうとしなかったし(完全にタブー化しているように思えた。)。

とにかく、

病院に安心していけるようになることは悲願です。

ここではもう慣例化している可能性が高いから、

都市部に行って受けた方が、

精神衛生上でいいのは確実だけど(お金はかかるけど)、

それでも怖い自分がいます(私に伝えられてないだけで「本当は漏れてるんじゃないか。」とか。)

6年もいけなくなるとは正直思ってもいなかったけど(もうちょっと早く改善のめどが立つと思っていた)。
スポンサーサイト
13:34  |  良いこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/125-6670bdf2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |