2016'12.01 (Thu)

スポーツ心理学は、うつ病の治療に役立つか

ろーたす的にはyesです。

特にろーたすのように、

自己否定的な考え方で凝り固まって育ってしまった場合、

非常に有効だと思います。

うつ関連の本をいろいろ読んだことがあるけれど、

「自分のよいところを書きだしたりするのがよい。」とか、

複数の本でも言われているんだけど、

どうしても「鬱治療」だと一歩踏み出せませんでした。

理由は、やっぱり「自分をほめることはよくないことだ。」とか、

「自分をほめるなんて恥ずかしい、笑われるんじゃないか。」とか考えてしまうからですね。

ここで、一番「笑われそう。」と警戒してかかったていたのは、

母と弟(長男)ですけどね(←人格を否定するようなことを平気で言ってくるし、かなり深くまで踏み込んでくるし、やりたい放題の人たちなので自衛のしようがない。)。

とにかく、母と弟(長男)は私にとってはジャイアンですからね(笑)。

「お前のものはおれのもの。おれのものはおれのもの。」ですからね(←だからものが返ってこない)。

母は私を産んだんだから、私は母の所有物か何かだと思っていて、

それで私のものは母親のものだと考えているようにも感じる。

弟(長男)に至っては、

バレンタインのチョコレートのお返しを全くしなかったり、などなど、

私以外の女性に対しても踏み倒し的なことをやったことがありますね(←翌年、チョコレートを全くもらえなかった)。

話はそれましたが、

とにかくいろいろビビっていました。

でも、スポーツ選手のメンタルトレーニングとかで

「自分の長所を書く」とか普通に書いているのを見て。

「別に笑われるようなことじゃないんだ。」と、やる気になりました。

で、人生観変わりました(笑)。

以前よりも自分のことを好きになったし、

前向きにもなれました。

人を怖いとあまり感じなくなりました。

やったのは、

「自分の長所を書く。」とか、

「感謝日記を書く。」とか、

「その日にあった良かったことを書く。」ですが、

確実に幸福感がアップしたことは確かです。

同時に、いかに自分が自分を責めて、否定して生きていたのかにも気づくことができました。

とにかく、ものすごくメンタルが安定したので、

「どうしてもっと早くに始めなかったんだろう。」と本当に後悔しました。

私個人的には、

スポーツ選手のメンタルトレーニングは(一部)鬱に有効だと思います。

そんなこともあり、

イチロー選手とかが自身のメンタルトレーニング本とか出すんだったら、

「絶対買おう!」と思っているろーたすです。
スポンサーサイト
12:16  |  うつ病れぽ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/149-6d269bf8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |