2017'02.11 (Sat)

本日はいつにもまして…

7年前から、

日常ががらりと変わってしまったろーたすです。

その変化の一つに、

「乗車したバスや電車が葬儀場のような雰囲気になってしまった。」というのがあります(日本国内、どこでも)。

のれば必ず鼻をすする音と、涙で充血したまなざしに出会います(ほぼ100%)。

それだけじゃなくて、

好奇心で顔を覗き込む人、妙に怖がってくる人などなどもいましたが、最近はあまり見ませんね。

それにしても今日は、いつにも増して同情の視線が強いですね。

なんとなく、先週ともまた違った感じのような気がします。

理由は、まあだいたい予想はつきますが。

いつももて余してしまうしんどさです。

相談できる人は誰もいないけれど、

強いて言うなら、

がん患者さんたちが、

「前向きにやろうとしているのに、

ものすごく悲壮に扱われるのが悔しい。」というのにも近い気がします。

でも、それだけでもないけどね。

もうここの医師が守秘義務を保障してきてもまず信じられないし、

特に産婦人科受診は、本当に怖い。

やっぱりここではない遠くに住むことに、

思いを馳せてしまうろーたすなのでした。

とはいえ、日本国中、乗った車両が「霊柩車か!!!」って感じに

「ず~ん。」っていう重苦しい雰囲気に包まれ続けるんだけどね。
スポンサーサイト
15:56  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/163-2a2c38e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |