2017'02.22 (Wed)

テーマは人身売買!?

むかしむかし、

ジェレミーブレッドが

「僕は彼の膝を大いに観察してやった!!。」って言ったとき、

「私もこんな観察力ほしい!!。」って思ったんだけど。

割と観察力はある方だと2010年ごろ、判明した。

自分って意外に分からないもんだよね。

そんなろーたすはもちろんホームズ好き。

「名探偵ホームズ」も大好きでした。

訳あって数話しか観てないけど、

本当に大好きでした。

そんな、「名探偵ホームズ」のお話の一つが、

以前、主題歌のアニメーションに収録されてyoutubeにアップされていました。

記憶違いもあるかもしれないけれど、そのお話の内容は次の通り。

ある日、青い風船が飛んで来て、

その風船には「助けて!」といった内容のメッセージが添えられていました。

ホームズ、なんか2~3日ごそごそ。

そしてなんとその風船とメモだけで、

その手紙はさらわれた子供たちのものなのだと特定(流石ホームズ)。

そして、収容されている場所も特定してしまう。

さらに、レストレード警部に協力を仰ぎ、

スコットランドヤードを動員して、子供たち救出に動き出す(流石ホームス)。

そして、(多分人身売買のために?)子供たちをさらったのはモリアーティ(やっぱりありとあらゆる犯罪に関係しているんだね)。

警察よりも先に敵のアジトに着いたホームズ、

水車(?)のついた船に子供たちを乗せてアジトから脱出。

その船でレストレード警部の乗ってる桟橋を飛び越える(だからあのシーンでは、子犬たちがたくさん船に乗ってる)

そして無事に子供たちを親に引き合わせたホームズ、

「さあ、良い子のみんな、ホームズのおじちゃんはいつでも助けに来れるわけじゃないから、知らない人たちについて言っちゃだめだぞ?」

子供たち「はーい!!!。」

みたいなやりとりでおわり。

これを観たとき

「子供なんてさらってなんの役に立つって言うんだろう?」って思ったんだけど、

あるね、恐ろしいほどの需要が(おぞましい内容で)。

以前、この県の大学生で「ミャンマーに学校を作る。」とか言っていた人は、

本当は人身売買とかの被害を防ぐために学校を作ろうとしていたのかな?と今では思う。

以前は分からなかったけれど、VOAとか読んでいて、

「学校が子供の安否確認に非常に有効」みたいな記事を見つけたので。

いずれにしても、宮崎駿さんのあの「ホームズ」のお話のテーマは「人身売買」だったんじゃないかなって思います。

だとしたら、相当に難しい問題だよね。

ミャンマーは今も復興していないとか。

だとしたら、今もあるんでしょうか、人さらい。あの地域で・・・。

なんかこう、そういうことについて、無性に書きたくなったろーたすです。

この主題歌大好きなんですけど、

聴くたびになんか思い出すんですよ(さらわれた子供とかミャンマーのエピソードが)。

相変わらず、書きたいように書いてますけどね(苦笑)。
スポンサーサイト
14:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/165-19580621

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |