2017'06.21 (Wed)

身動きがとりにくい

大体、
午未さんの一件をどうすればよかったのか、
思い悩んでしまうときは、
「先のことを考える」ように言われる。

それで、
「いつになったら日常が戻ってくるのか。」
等々、
未来への不安や、
これからの人生の見通しをどうやってつけようかって話になると、

「何も考えない」ように言われる。

まあ、未来への展望のためには
現状把握が必要で、
私は何らかの理由で
一番知りたいところを知ることも、
相談することもできない状況にある。

やはり「告知されないガン患者は、きっとこんな気分なんだろう。」って思う。
当人がガンについて知ることも、
相談することも許されず、
ただただ「大したことのない病気」のふりをするのだ、
当人も、その周りの人間も。
その演技のために莫大なエネルギーを消費するのだ。
本来、残りの人生を精一杯生きることに費やすべき時間もエネルギーも削り取って。

ガン患者の場合は、彼らが死ぬまでそれは続く。
私は?

違うことは、
ガン患者たちは、
突然訪れた病のためにそうなってしまうけれど、
私の場合は、
午未さんの、
下らない指導ミスと
(彼が自分のキャリアにキズをつけないために)思い描いた下らないレールに載せるために「そんな状態に置かれてしまった。」ということだ。

そしてガン患者は病人扱いされるけど、
私は一部の家族からニート扱いです(長男と母)。

私の人生は
いつまで午未のやったことのために
疲弊して削り取られなくてはいけないの?
腹がたって仕方がありません。
23:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/203-f795e844

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |