2017'07.28 (Fri)

Everyone is under the microscope

以前、○○ビジネス○○で、
「SNSの普及により、
企業の汚職発覚などが急増して、
企業が公式謝罪に追い込まれるケースが増えている。」
とありました。
Everyone is under the microscope(誰もが詳細に調べられているんです)、と。
企業にとって、
「秘密を隠す」という行為そのものが困難になってきていると。
確かに、ゴキブリが商品に混入していたら、
一瞬で世界中に広まってますね。
以前は、マスコミに取り上げられなければ広がらなかったのに。

今、私の置かれている状況も、
そういったSNSの普及とも関連しているのかも知れない。
逆を言えば、
確かに私は変わった人生を歩いて来たかも知れないけれど、
誰もが私と同じように、
詳細な部分まで、
関心を持たれる人生になることだってあり得る。
ある意味で、
新しい時代の到来を告げる出来事なのかもしれない。
今の私の置かれている状況は。

それを考えると、
私が、取り戻すのは不可能だとしても、
以前により近い日常を手に入れるためには、
私が「自身の無実を晴らし、
そして最終的に人々の関心を失っていく」という、
かなり常人離れしたことを成し遂げないといけないのかも知れない。
「人々の関心を失うことは、
メディアの関心を失うことよりも難しいだろうな。」
と感じているろーたすです。
もしかしたら午未さんが、
私には決して真実を知ることが無いように何かしたことが、
この事件の特異性を際立たせ、
人々の注目を浴びたのかもしれない。
午未さんはもしかしたら、
メディアに取り上げられないようにそれをしたのかも知れない。
だとしたら、完全に裏目に出てる気が…。
データ指導の不備といい、
裏目に出てることがめちゃくちゃ多い気がするのに、
それでもずっと、
自分の能力に自信を持ち続けて次々策を打つ。
ここまで自信を失わずに住む性格が、
私には理解不能です。
「よっぽど、これまでの人生が順調で、
親との関係で自信を失うことがなかったのかなあ。」とか、
「いやいやもしかしたら、
自身の心の拠り所が権力しかない人で、
権力に取りつかれて起こした事件かもしれない。」
とか考えたりはしてるけど、
結論は出てないです。
スポンサーサイト
10:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/222-b3099904

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |