2017'07.28 (Fri)

もうすぐ1年

以前、なんか入院してしまったろーたす。
入院中、CTとったこともあって、
健康診断問題は、一時棚上げしてました。
しかしそろそろ、
健康診断を意識するようになりました。
したらしたで、一気に「共有化」されるのが嫌なんだけどね。
以前、産婦人科に行ったとき、
次の日かそれぐらいのときに、
男子高校生とおぼしき人から、
「うぷぷぷー」(←わらいをこらえてる)といった感じで顔を背けられたことなどなど、
屈辱的なことがありました。
望む望まないに関わらず、
診察の結果が、
彼らの猥談のネタになってしまうみたいです。
本当に私のネタをenjoyしてた風でした(おかしくて仕方ない、という風で)。

これから数ヶ月、
「自殺」が頭から離れませんでした。
地元の人たちの仕打ちに怒りが収まらなかった私は、
地元の名物を使ってそれを実行しようかとか、
数ヶ月、そんなことばっかり考えていました(←復讐として、地元の産業に打撃を与えたかった)。

そんなわけで、
病院に行かなくなりました。
今度婦人科に検査に行ったら、
今度は地元の男性から
どんなリアクションが帰ってくるんでしょうね?
やっぱり少なくともここでは、
健康診断受けたくないな(特に婦人科)。
病気が見つからなくてあれだから、
病気なんて見つかったら、
もっと恐ろしいことになるのでしょう。

そしてこういう話も、
「妄想だから」と言われたり、
「そんな苦痛は存在しない。」
というような返答にさえぎられて、
誰からも聞いてもらえないんです。

やっぱり、より都市部に住みたいな。
地方特有の、
プライバシーへの垣根の低さに加え、
午未さんが、妙なことをしてしまったことによって、
もう私のプライバシーへの垣根は、
ほぼ無いに等しい状態だ。
できれば、C国とかでしばらく過ごしていたかったんだけどね。
ずっとこういうところにいて、
プライバシー駄々漏れが常態化すると、
他県に越しても、
「本人には確かめようがないんだし、
自分たちもやっていいだろう。」
っていう姿勢が根づいてしまっていた、
なんて最悪の事態が起こることも、
十分にありそうで恐ろしかったから。

ここじゃあ、もう手遅れな気がするなあ。
もうずっと7年、この状態だから。
今さら守秘義務が守られる環境には戻らないと思う。
みんなもう、慣れきってしまっているから。
「好奇心の強い人をゼロにする。」よりは
やはり「守秘義務が守られる環境を見つける。」方が楽だろうと思うので。
あとは、「世間の関心を失う。」
これは、どうすれば獲得できるかは、わからない。
少なくとも、
午未さんと乙丑さんがやったことが全部ばれたら、
刺激の少ないこの土地では、
100年は忘れられないな。
そんなわけで、3番目の案も、
この土地では実現不可能だと感じる私でした。

まあ、好奇心の強い人たちに加えて、
この土地には私のいた大学の関係者も多いから、
それがらみで嫌な目に遭いそうで嫌だなっていうのもあるけれどね。
前述の嫌な人たちが、
大学の関係者でない保証はどこにもない。
私はきっと、大学では特に酷い言われようでしょうから。
そういう意味でも、本当に出たいね。
駄々漏れした情報が面白がられるか、
大学関係者に伝わって午未さんの都合の良いように利用される。
どっちも嫌だし、
本来、私の個人情報はそんな風に扱うものではないよね?
大学では私は人権がない扱いだから、
このような状況が当たり前になっていて、
この土地では、
好奇心が簡単に倫理を押し壊してしまったんだろう。

スポンサーサイト
12:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/223-96d16f29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |