2017'09.15 (Fri)

怖っ!!!

先日、ニュージーランド人の男性が、
8日間にわたる身体拘束を受けた後になくなったそうです。
その番組によると、その後の調査で、
身体拘束が数カ月にわたることはざらで、
最長は3年間の症例もあることが判明したそうだ。
3年って、もう歩けないんじゃ…。拘束解いたらもう一気に要介護者と化したんじゃあ…。
さらに怖かったことはその番組に出ていた精神科医のセリフ。
「自殺を防ぐための拘束もあるのだが、精神科医の裁量で、患者が『死にたい』と口にしただけで身体拘束を受けることがありうる。」
といった内容のものだった。
怖っ!!!
私、主治医に「死にたい」って言ったことあるわ(母との関係が辛すぎて)。
身体拘束は受けたことはないけどね。
まあ、私がそう鬱とかではなくて、
メランコリー型の鬱病だったってことも大きいと思う。
でもでも性質の悪い医師に当たっていたら…と背筋が寒くなった。

ところで、また『Heroes』のお話をさせてもらうと、
ジェシカが暴れてニキが身体拘束を受けていたシーンがあったんだけど。
ベッドに縛り付けではなかったね。
あの拘束衣は歩けるのかなあ?
例の女医さんが現れた時(「I'm a psychiatrist.」って言ってたから、多分精神分析医)、
ニキはまだ歩けたみたいだから、
拘束は1週間超えていないのかな?
まあ、歩ける拘束衣なら、寝たきりになったり、
あの亡くなったニュージーランド男性みたいに
エコノミークラス症候群発症→血栓が心臓へ→死亡
なんて流れにはならなかったのかもしれない。
女医さん、拘束衣をどっかに持って行ってましたね。
「拘束必要なし。」と判断したってことでしょう。
ジェシカは例外中の例外だったので、それが命取りだったみたいですが(患者のためにやったことなのに…、理不尽な…)。
この時期のニキは囚人でしたが、それでも長期拘束は免れている感じでした。
人権が…欧米とは全然違うんだなあ、と思ってしまった。
これがもし日本が舞台だったら、
ニキに言われなくたって3カ月は身体拘束プラス強い薬を服用し続けるって状況が続いたかも。
そして『Heroes』は全然違うお話になっていくのでした…。

とりあえず日本に滞在する欧米の人たちは、
日本で欧米並みの精神医療が受けられるなんて、
期待しない方がいいと思う。
なぜなら、日本の精神医療は欧米に比べて、20年遅れていると言われているから。
当然、外国人観光客も期待しないでね。
なぜなら、日本の精神医療は欧米に比べて、20年遅れていると言われているから。
外国に滞在するって楽しいけど、急激な環境の変化が起こるから、ストレスにもなり得るよね。
結婚がストレスになることもあるように。
でもでも日本で欧米のように回復できるとは思わない方がいいかもしれない。
なぜなら、日本の精神医療は…以下略。

ビザ緩和の影響で、こういった問題は増えていくと思うけどね。
でもでも精神科は一番医科の中では保険点数が低くて人手も不足しているっぽい。
何か制度改革しないと、この現状は変わらないと思うわ。
スポンサーサイト
13:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/234-24f16ff0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |