2013'10.27 (Sun)

母のアルコール依存症

母の依存症は、

おそらく24歳くらいに始まったものと考えられる。

母はこのころ、

人生最悪の体験をしていた。

留学をしたいと思っていた母は、

母の父である祖父にそのチャンスを奪われ、

決して海外に行けないように「封じ込め」を行われた。

その後、24歳になったら今度は母は

祖父から無理やり仕事をやめさせられ、

本人曰く、家の中に監禁状態にされたそうだ。

そして毎日のようにお見合いさせられ、

祖父の言う相手と結婚するように言われ続けたそうだ。

驚いたのは、そのあまりの強引さ。

母が一度お見合いしただけの人がいたのだが、

祖父は母の気持ちを聞くことなく、「次は結納する」

と決めてきたらしい。

ついでに言うと、嫡子である叔母の機嫌を損ねないために、

わざと叔母の夫よりも格下の相手と結婚させようとしたそうだ。

母は全力で反抗、結婚を拒否。

そんな監禁生活が2年ほど続いたそうだ。

その監禁生活の中、

母は夜間にひそかに家を抜け出し、

ウィスキーを買ってかなりの量を毎日飲んでいたという。

親は気付かなかったみたい。

とうとう祖父が折れて、

父と結婚することになるんだが、

母は父が好きだったのではなく、

父と結婚すれば自由になれると思っていたからだった。

だがそういう思惑通りには行かなかったようだ。

そのことはさておき、

母の実家はかなりひどいと私は思っている。

母は仕事の都合もあってある大会に出場したのだが、

「お前が選ばれるなんてありえない。」

と家族中から笑いものにされたのだそうだ。

母の実家は母を推薦した社長の眼力も馬鹿にしたことになるね。

外面と内面がぜんぜん違う家でした。

自分の歴史も含めて、

母の歴史についても書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
13:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/29-782a2f0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |