2013'12.30 (Mon)

外出

疲れました。

こんなにもいらいらしてしまうのは、

ここの人たちを

徹底的に信じられなくなっているからなのもあるでしょう。

ここの医者ともめたとき、

こっちはとても苦しんでいるのに、

『おっ』

と面白そうに顔のぞいてきた男の人。

同情もしんどい。

ここ何年も、

同情の泣きそうなまなざしにあうか、

興味本位で面白がってくる人に会うか。

どっちも明るい気分になれるはずもなく、

怒りが湧いてくることもしばしば。

間違いなく、

こういう状況がストレスになってるんだが。

ここの人たちはやめないだろう。

本当に良くなってほしいと思ってるんなら、

そっとしておいてくれるのが、一番の薬なんだが。

そうはならないのは、なぜなのでしょう?

いろいろと腹立つことが多かったのもあって、

最近、本当に同情してくる人にも怒りがこみ上げてくる始末。

結局分からないのもあるので、

精神的にしんどいときに、

周囲がみんな感情的になってるって、

当人にとっては精神衛生上、かなり良くないというのが結論。

仕方がないのもある。

この国はずっと隔離社会だった。

養護学級がなくて、

小さいころから多様な人々を混ぜて教育させているところとは、

理解の度合いが違っていて当たり前。

何とか、対策を見つけ出したいところだけど、

今のところ、できてない。

やはり、ここでこんなに感情的になってしまうのは、

ここで受けた嫌なことに対する、強い怒りがあるのだと思う。

この辛さを分かち合える治療者がいたらまだ良かったのだが、

おそらく、ここにはいない。

この怒りはここでは解けない可能性がある。

やはりここを出ることは、

非常に大切な人生の可能性をくれる。

静かな暮らしが、本当にしたい。

ほんの一時でいいから。
スポンサーサイト
20:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/47-00c3d13f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |