2015'08.21 (Fri)

うつ病を怖がる人がいるらしい。

以前住んでいたところよりも、

やはりこっちのほうが差別のようなものを感じることはあります(職場は別)。

ここはやはり、偏見の強いところだと思います。

主に偏見を持たれているのは高齢の方々だと思いますが

既往かどうかもその境界もあいまいなような気がします。

偏見に加えて、村社会。

父にどかんと怒りをぶつけてしまう度に、

偏見入りまくりな推測がご近所から広がっているんじゃないか、

そんな心配でくたびれてしまいます(喧嘩することによって、「頭がおかしくなったんじゃないか」などといううわさが広がる→そのことによって怖がられる、もしくは同情や絶望したまなざしを向けられて傷ついたりしんどくなる→ますます外出が嫌になる、という悪循環を恐れている)。

ほんの数日でもいいから、私のことを誰も知らないところに行って、

そこで思い切り父親に文句を言ったりしたいです。

そしてここには、そういったことについて安心して話せる人もいないのです。

いかに以前の自分が良い医師、セラピストに恵まれていたかと思います。

ここ5年、なんかエゴ丸出しの態度に出会うことがおおくってかなり疲れてきています。

でもまあ、出て行ったほうがいいと思います。

夜は、眠れています。

ただ、2011年はカウンセリングに行く前日の夜といった後何日かは

恐怖や怒りといった感情に苛まれて眠れませんでしたが。

今はもういってないので、そういったことはないです(通院中断によって不眠改善(笑))。

一番最近眠れなかったのは

身内のおっきなイベント前の1週間と、試験が近いときくらいだったかな。

本当に昔は眠れなかったので、

眠れることはありがたく思っています。

つくづく以前の先生やセラピストさんがよかったなー、って時々ため息が出ます。

ここまで全く見つからないとは思わなかったんで。
スポンサーサイト
11:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kaihuku668.blog.fc2.com/tb.php/74-77711719

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |