2016'05.17 (Tue)

なんというか

ノーベル賞を受賞したランディ・シェックマン教授、3大科学誌に対し不満の意を示す

これ読んで、

「やっぱりインパクトで選んでるんだ。」

とも思ったけど、

それ以上に印象に残ったのは

「多く引用される論文は科学的に優れている、もしくは目を引くもの、刺激的なもの、間違ったものだ」

というセリフ。

院に入るまでは、

研究は流行とかと無縁に黙々とやるもんだと思っていたけど、

そんなことはなく、

むしろ時流に乗ってなければ無価値のように扱われることもあることがわかったよ。

別に時流に乗らない研究する人の下についた方が、

(人間関係は)うまくいっていた可能性はあるな~、と今でも思う。

状況を完璧にコントロールしたがる午未月さんとの関係は、

なかなか苦しいものでもあった。

うん、それだけじゃないな。

彼は人を基本的に信じていない。

だから、状況をコントロールするために必ず力を使うし、権力に取りつかれているのか、使いたがる人でもある。

そして人を信じない気持に取りつかれているからなのか、

いかなる手段を使っても自分の不安を解消しようとしたのだろう(←状況をコントロールしていくために)。

彼の一番怖いところの一つは、

自分のことを、「頭がよい」と思っているから、

実験データも「自分の思い通りになるもの」と

思い込んでいたようだったことだ。

他所にもこういう人はいるんだろうか?

とにかく、

実際にデータが出ないのに、

それを受け入れてもらえない苦しみは、格別なものがありましたとも、ええ。

彼は自分のことを優秀だと思っていたから、

初期にデータがでなかったことも、すべて私のせいだと考えていたのかもしれない。

そして、「どうせ結婚していなくなる。」と独り決めして、適当に指導していったのかもしれない。

ーで、最後は焦って結婚させようとしたのかもしれないな。

データはデータで、

「科学的に優れている(と思われるために)、目を引くもの、刺激的なもの」を作ろうとして、

「間違ったもの」をつくってしまったんだろうな。

あのまま彼のもとにとどまっていたら、どんなことになっていたんだろうか?

こっち帰ってきてからも、なり大変だったけど、

あそこにいたら、相当な精神苦が待っていたことだけは間違いない(←彼は私を結婚させたがっていたんだけど、それで男性陣がビビってしまってね。まるで病原菌でも持っているみたいに、男性陣から避けられる日々も、すっごく辛かったんだよ。そしてその傾向が大学を離れてもときどきあって、私は「何らかの形で自分の置かれている状況もしくはあのときの事実を明らかにしなければ、私の人生はかえって来ないんじゃないか」と考え続けるようになったんだ。)

そしてそれらすべてがなかったことに処理されていったのだろう。

想像しただけでも怖い。

彼らの対面と、科学者としての評価を傷つけないためだけに、

あそこにいさせられたんだろう。

そして彼らの理屈では、

彼らの都合のいいようにならなかった私こそが悪なのだ。

牢獄みたい。

12:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'05.14 (Sat)

あの顔は・・・

日産と提携した三菱自動車。

あのニュースで印象的だったのは、

三菱会長のあの何とも悲しそうな、さみしそうな感じの顔だった。

あの顔は、何なんでしょうね?

午未月さんに「どうして○○○ー○を使うことにしたんですか?」

って聞いた時もあんな悲しそうな、さみしそうな顔をしていたなあ、って思うんですよ。

っていうか、その時のことが思い出される顔だったんです、彼の顔は。

あのニュース見てから、ずっとこのことについて考えてしまうんですよ。

そして、

「あの表情は、向きあいたくない自分の失敗の渦中におかれている人間の顔なのかもしれない。」

って思うようになりました。

本当のところは、確認のしようがないとは思いますが。

けれど、達成不可能は目標を、

もしも上層部が達成したような形にせざるを得ないように追い込んだのなら、

それは事実上のねつ造の強要になってしまうと思うんですよ。

上層部は強要したことにならない、強要に。

本当の詳しいいきさつはわかりませんが、

自分の経験から、ついついこんな風に考えてしまう私です。
12:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'04.25 (Mon)

心理テストになるかもな~って思った曲

福山雅治さんの『道標』っていい曲ですね。

私は大好きです。

この曲を聴いて、皆さん誰が思い浮かびますか?

ご両親が思い浮かんだ方が多いのではないのでしょうか?

曲を作った福山さん自身もお母さんをイメージして作ったように感じます。

ご両親とか、人生で多大な影響を与えた人が思い浮かぶ曲ですよね。

実は私は、この曲を聴いて10年以上お世話になった当時の主治医が思い浮かびました。

まああれですね、

主治医と患者というよりも、親子関係に近かったですね。

好きで頻繁に聴く曲なんですけど、

聴いてると主治医をよく思い出しますね~。

きっと精神的な支柱になっている人が思い出される曲なのでしょう。

そういう要素を除いてもいい曲だけどね。
16:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.14 (Mon)

暗示の大切さ

虐待を受けて育った人の中には、自分の存在に罪悪感を持つことも多い。

これを「いつわりの罪悪感」と呼ぶそうだ。

子供のころから、否定的な言葉をかけられ続けた結果、

そんな否定的な感覚が生まれるのだという。

一方で、すごくポジティブな暗示をかけて、

それが成功してしまうこともある。

Qちゃんを育てた小出監督は、

本当にそれが上手な人なんだと思う。

ポジティブな暗示といえば、

私もそれにかかったことがある。

かけたのは大学時代のスクールカウンセラーだった。

もともと眠るのが苦手だったのだけれど、

大学に入ってから、まったく眠れない日が増えていった。

健康科学センター等を頼ってみたところ、

専門家への受診を勧められ、

(メランコリー型の)鬱と診断された。

そんなこともあって大学を無事に卒業できるのか、心配でたまらなかった。

家族の理解も協力もなかったし。

そんなころ、たびたびお話ししに行っていたスクールカウンセラーは、

「大丈夫です、絶対に卒業できます。」といつも自信満々に言っていた。

何の疑念の余地もないかのように言ってくるので、

私は「先生がこういうんだから、卒業できるんだ。」と信じ込んだ。

そのおかげで私は

比較的不安が少ない状況で勉強に励めたのだと思う。

そして無事に卒業が決まった日、

卒業の報告とこれまでのお礼を述べに行ったとき、

先生はびっくりすることを口にしました。

「本当はあなたは大学を卒業できないと思っていた。」

「え?」といった感じでした。

「卒業できるんじゃなかったの?」という感じで首をかしげたら、

「本当のことは怖くてとても言えなかった。」と。

「あなたがもしもここでドロップアウトしてしまったら、どうなるか。

考えただけでも恐ろしくて、

あなたに『絶対に卒業できる』と思い込ませることにしたんですよ。」

と、

「それしかできることが何もなかった。」といった感じのニュアンスで言ってました。

確かに、先生のカウンセリングルームに訪れた学生の中にはドロップアウトして、

(学生時代から鬱のコントロールが悪く、治療を積極的に受けない人が)実家に帰ってその後自殺したり、

(実家と折り合いが悪くて)実家を飛び出して風俗に勤務したりというのがあったみたいだ。

先生はそんなケースを何件も経験してきたようだった。

大学を辞めてしまえばもう関わることができないため、

大学にいる間でしか援助が出来ない、ということにも歯がゆさを感じているように見えた。

そんな心配掛けまくりな学生でしたが、何とか卒業。

卒業時の先生の言葉は、

「あなたは本当に困難なことをやり遂げたんだから、これからはなんだってできます。」でした。

金メダルとは比べ物にならないかもしれないが、

これも良い暗示の素晴らしい効果のを示すよい1例だと思う。

ただし良い暗示をかけるにもコツがいるけど。

先生は心理学の専門家で、小出監督もきっと心理学には詳しいから、見事に暗示をかけられたんだと思う。

そういうこともあって、自分によい暗示をかけられそうな習慣は、大切に取り入れている私です。
14:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2016'03.11 (Fri)

検証中?

先月、誕生日だった人の言葉(ちなみに、チャールズ・ダーウィンも同じ誕生日です)。

"You can fool all the people some of the time,
and some of the people all the time,
but you cannot fool all the people all the time."
                      Abraham Lincoln

「すべての人を、ある時間だますことはできる。
何人かの人を、ずっとだまし続けることもできる。
しかし、すべての人を、ずっとだまし続けることはできない。」

合衆国第16代大統領だった人ですね。

中学生だったころ、英語の教科書でこの人の誕生日について知り、

「誕生日が休日なんて、いいなー。」なんて思ったことを覚えています。

それはさておき、

彼の上記の言葉が、ずっと心から離れない私です(別に彼に恋しているわけではありませんwww)。

私は上記の言葉が本当に正しいのかどうか、

人生全体をかけて検証していくことになるかもしれないから。

少なくとも今後数年はそうなるかもね。

そういうわけで、

この言葉は私の人生のテーマです、たぶん。
10:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT