2017'04.07 (Fri)

たとふれば水かもしれず

以前、銀行から

「凍結口座に振り込まれたそちらの3万円、戻しておきましたよ。」

といった内容の通知が届いた。

どうも母が、犯罪まがいの口座にお金を振り込んだらしい。

その時の母の父への弁明は、

「愛情に飢えているから、

愛情をもらえそうなところにお金を入金してしまう。」

といったものだった。

そして、今も妙な恋愛詐欺メールに引っ掛かり続けている。

そうか、愛情に飢えているのか。

そんな母は20代の独身時代のとき、

母に「タバコは身体に良くないよ。」と注意してきた(母に思いを寄せていたと思われる)男性に対し、

かなりひどいことをした。

具体的に言えば、母はその男性の手にタバコを押しつけて、

タバコの火を消したのだ。

「大きなお世話だ。」といった気持ちもあったのだろうが、

愛情が欲しいの?愛情を与えてくれそうな人たちにひどいことをして。

本当に?

母は父や私が母の服を褒めても、

「嘘ばっかりついて。」と決して信じようとしなかった。

生まれた家で褒められたことがなかったことは本当みたいだけど、

それでも、やろうと思えば自己肯定感は自分で育てられたはずだと感じる。

ぶっちゃけ、母よりもひどい目に会って育った私でも、

自己肯定感を回復することは可能だったのだから。

(極論を言えば、独り暮らしをしていて家族がいなくても、自己肯定感回復は十分可能)

愛情と言うものが水のようであるのだとすれば、

愛情の受け手が口を開かなければ、

その水を飲ませることはできない。

そして愛情はきっと面倒なものだ。

責任や思いやりを必要とする。

鬱になって健康を失って、20代半ばの決定的な事件があってからというもの、

「愛情に飢えている母が幸せになるようにすれば、何とかなる。」といった考えは、

私の中から消え失せた。

「他の人たちが、私の気持ちをわかってくれないから悪い。」

「家族が、・・・・してくれないから悪い。だから私が不幸なんだ(いつまでも心満たされないんだ)。」

こんな発想をし続けている限り、

母の心が愛情で満たされることはないのだ。
13:49  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'04.04 (Tue)

どこかに相談するしかないかも

母はこれまでに、

父に離婚届を送ってきたことかある。

初めて送ってきたのは母方の祖父の法事のとき。

その後も話題には何度か登っている。

母の父の法事なので、

離婚しても帰ってこなくてよくなるものでもないのだけれど、

母は帰ってこなくてもよくなると考えたらしい。

私も個人的には離婚してほしいほうなので、離婚には大賛成だ。

このとき、離婚に至らなかったのは、

父が「財産分与の関係で、こっちに帰ってもらわなくてはいけないから。」

というのが主な理由らしい。

「父には離婚の意思がないんだろうか?」と父にたずねてみると、

離婚の意思はあるらしい。

「なんとか母をこっちに戻すことなく離婚するのが一番よかったんじゃないかな?」

などと思っていたら、

今回、父の体調不良や長男の突然の爆弾宣言もあり、

母に帰省を促す流れになって、再び離婚話が浮上した。

でも、その離婚話の内容がわけがわからない。

まず、離婚するのに同居する、という。

その理由を尋ねると、

「お父さん(つまりは私の父)に暴力を振るわれたときに警察に話を聞いてもらえるから。」という。

私が「別居すれば一番安全なのに、どうして別居しないの?」と尋ねると、

「なんで私がひとりで暮さなきゃいけないの?」とか、

「お父さんはあんたがいると暴行しないから。」とか言ってくる。

訳がわからない。

私が「お母さんが一緒に住むなら、私は家を出るわ。お母さんと一緒に住むのは耐えられない。」と告げると、

「私、そんなに嫌われているの」と切った。

それから、お父さんに離婚の意思はあるのに、

「お父さんが離婚に応じてくれない。」とか言ってくるときがある。

私が
「ただ財産分与の件で帰ってくる必要があるだけで、離婚する意思はあるよ。」というと、

「あ、そうなの。」と納得する。

でもその翌日、もしくは数日後には、また忘れていて、

また同じやりとりが繰り返される、ということが続いている。

話をしたとき酔っていて、忘れてしまっているのかもしれない。

正直、酔っ払っている母のそばは危険だ。

子どものころ、私は酔った母親によくボコボコにされていたし、

成長してからは、「あんたのせいで、私が人間関係で苦労しているんだ、責任をとって、死ね。」

とずっと言ってくるようになった。

父も酔った母にタバコの火を押しつけられたことがあり、

今も父の手にはそのあとが残っている。

それから、父はそんなことはしていないのに、

「お向かいの娘さんとお父さんは浮気している。」とずっと言い続けていた。

アルコール依存症による妄想だと思う。

父の暴力についても、母に手を上げたことはあったんだろうと思うけれど、

妄想はある、

例えば、母は「父に蹴られて肋骨にひびが入った。」と言っていたけれど、

私の記憶では、それをしたのは、当時サッカー部員で反抗期だった長男だ。

そのことを母に告げると、

母は「あの子はそんなことはしない。」と言い張る。

父は、「僕は立っている母さんの肋骨に蹴りを入れられるほど足が高く上がらない。」とも言っている。

当時、足を鍛えるスポーツをやっていたのは長男だけだから(つまり、それだけ足を高くあげられるほど足の筋肉を鍛える機会があったのは長男だけ)、やはり長男だと思うんだが、

そこも記憶がおかしくなっている。

いずれにしても、父の療養のためにも、別居は必ずすべきだと思っている。

なぜかこの家で暮らす家賃も払えと母から言われているみたいだし。

母のこの理解不能な行動は、外部機関に相談しなくては対応は無理だと感じている。
12:14  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.28 (Tue)

stigma

おそらく、やってもいないことをしたことにされて、

大学内部(特に私のいたキャンパス内)ではまるで罪人のような位置づけで

逃げるように出て行ったろーたすですが(逃げ出すのも大変だった)、

この一連の午未・乙丑さんコンビの所業。

彼らの犯罪染みた(つーか副産物として、いくつか刑法に違反してそう)行動があっても、

私が彼らに反逆したような形で逃げたことで、

私は彼らにとっては処罰の対象のようなものでした。

彼らにとって、私の名誉を汚すことは、

彼らの権力基盤を強化するのに重要であったと感じます。

この、「大学側に刃向かった。」という負の烙印(stigma)が今後どれだけ私の人生に影を落とすのか、

何度も何度も考えてしまいました。

この業界における、彼らの影響力は本当に強大なものと感じました。

C国に行くときも、

本当は一緒に行くメンバーの一人と聞いていたお医者さんが来なかったことも、

午未さんや乙丑さんの問題に巻き込まれたくなかったからではないか、とか。

少なくとも同業で働いて行けば、

あたかも罪人か何かのように白い目で見られる場面に、

今後も何度も遭遇しなくてはならなくなるだろうと感じました。

だって、あれですよ?

鬱で部活を幽霊部員化→辞めるをやってしまったら、

その後13年間、

その部員のOBの集まる科では、かなり敵意を感じる扱いを受けるようなところですよ?。

その部活でいじめられていた人が、その科に入ろうとしても、

「入れないから」と言われて入れてもらえなかったので、

きっと私が希望をだした場合は、入れてもらえなかったでしょう。

この学部では、部活を無断でやめることは決してやってはいけないことなのです。

そういうルール。

もうひとつ、この学部にはルールがあります。

「どれだけ先輩が間違ったことをしていても、先輩に逆らってはならない。」

そのルールを守り、午未さんたちの嘘を盲信する人たちが私に辛く当ってくることはまちがいないと感じていました。

思えば、この学部の黎明期を形作ったのは乙丑、午未さんらですね。

乙丑さんは第1期生、午未さんは10期生、

上記のルールは彼らが学生のころぐらいから作られていったものなのでしょう。

迎え入れた教授の大学由来のルールか、他の学部を意識して作ったのか、それらとはまったく別の理由からなのか、

ルールを作った当初の目的ははっきりとは知りませんが、

そのルールで築いてきた王国のようなところが、彼らのいたところなのでしょう。

乙丑さんは20年近く、強力な権力あるポストにいましたし(私の入学したときぐらいからキョージュをしていたし)。

午未さんの悪だくみと、乙丑さんの根回し力、この2つで私はずっと絡め取られていたのでしょう。

少なくとも彼らがいる限り、

私が同業の業界で辛い目に遭わないことはないと感じています。

さらに、鬱の既往も言いふらされてしまっているし、

ほとんど技術の身につかないところでバイトしていたので、

1から身につけなくてはいけないところを、

1つドジを踏めばすぐに「鬱のせいではないか。」とまるで一挙手一投足みられているような状況で働かなくてはならない。

そんな風に働くことを想像しただけで正直、怖くて仕方ありません。

「こんな仕事、まだしたいの?」と実はカウンセラーから言われたことがありました。

本音では、もうこんな仕事はやりたくない。

部活をやめたことで13年も平気で冷遇し続ける人たちのいるところです。

きっとこの件で、すっと嫌な思いをし続けるものだと思います。

業界全体の発展性がなく

閉塞感漂うせいか、

メンタルヘルスの悪い人も多い。

とにかく、体制側に不利なことをする私はそれだけで「悪」なんです。
13:26  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.23 (Thu)

母との会話

訳あって、

母と話すことになり、

仕事についての話になりました。

それで、母に聞いてみました。

「もしも、うつ病になったことがある人が働いているって、

ものすごく噂になっているところがあったら、

お母さん行く?」

母「それは………。」

この7年間、

この話題について相談できるところがどこにも見つからなかった。

本当に悔しくてなりません。
13:18  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2017'02.12 (Sun)

流れ

2010年  日常生活ががらりと変わってしまう。

2012年  「年数も経ったし、海外だったら…。」と海外行ってみて、ショック。

2013年  C国に行ってみる。なんか、年々周囲の関心が高まっているように感じて、

       「時間による風化はなさそうだ。」という感覚が強まっていく。

2014年  用事で国内の都市圏へ、やはり関心は低くなっている気配はゼロ。

       メイクさんらに「まだ若いんだから、結婚あきらめないで。」

       みたいな感じでめちゃくちゃ励まされる。

2015年  この年の後半から、急激にからかいや冷やかしのようなものがなくなる。

2016年  入院するも、恐怖体験はなし。

      (同じ大学の出身者から、かなり屈辱的な待遇を受けると半ば覚悟していた。

       大学内部で相当ひどいめに遭ったし)

以上が去年までの流れ。

からかいなどはほとんどなくなったけれど、

それでもプライバシーがないことへの恐怖はあり、

やはり健康診断とかいけてない。

2011年当初の予定だった

「社会の関心が薄れてきたら、自分の出身大学から遠く離れたところで就職する。」と言う予定は、

社会の関心が薄れる気配がないことで頓挫してる。

関心が薄れていないことの最大のデメリットは、うつ病の既往が知れ渡っていること。

まあ、あのときあんなにインシデント起こした自分にもびっくりなんだけど、

お客さんからは、未熟さとかも、すべてうつ病と結び付けられて解釈されるのだと分かった。

世間の関心が薄まるのをずっと待ち続けていたんだが、その気配がない。

きっと午未さんが未だに暴れているんだろうな。

今年天中殺だし。

ヤバい秘密がばれまくりなんじゃないかな。

そして午未さんのことだから、

絶対「潔く退く」なんてやらないだろう。

「負けるときは周りの人たち全員道連れにする」ぐらいの勢いで、きっと大暴れしているんだろう。

社会的に死刑宣告を受ける(つまり何かの犯罪で捕まる)か、大きな病気でも発病しない限り、

絶対に退かないつもりだろう。

そして、午未さんの次は、乙丑さんの天中殺。

当分、収束はないと解釈すべきかもしれないな。

ていうか、G大学病院の一件と言い、大学の自浄作用はどうなってるんだ!?

改めて、教授の権力の大きさと、

それによる悪事がいかに野放しにされるのかということに、

驚愕しています。
11:24  |  自分ヒストリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT